痛恨トリで大きく後退 今平周吾の収穫と課題

痛恨トリで大きく後退 今平周吾の収穫と課題
<WGC-メキシコ選手権 最終日◇22日◇クラブ・デ・ゴルフ・チャプルテペック(メキシコ)◇7355ヤード・パー71>
世界ゴルフ選手権シリーズ「WGC-メキシコ選手権」最終日、今平周吾は1バーディ・2ボギー・1トリプルボギーの「75」でラウンド。トータル5オーバーの61位タイで大会を終えた。
今平周吾の安定感の秘密を原江里菜らを指導する森守洋が解説!
「調子は悪くなかったけど、パターが前半入らなくて、後半も同じような流れで行ってしまった」とこの日のプレーを振り返った今平。その悪い流れのまま行った後半7番で池につかまりトリプルボギーを叩いてしまった。「当たりが薄くて当たらなかった。届かなかった。ミスショットでしたね」という悔しい1ホールで大きく順位を落とした。
そんな今平が4日間の収穫に挙げたのが3日目の前半のプレー。7ホールで5バーディを奪う快進撃だった。「ああいうバーディラッシュは海外では今まであんまりなかった。良いゴルフができたので、ああいう感じで回れればと思う」と自分のプレーができれば海外でも通用する手応えをつかんだ。
一方課題に挙げたのは「ショートゲームとか、そのあたり」。アプローチだけでなくパッティングもグリーンの読みに苦しんだ。このあたりは今後への改善点だ。
次の海外試合は「WGC-デル・テクノロジーズ・マッチプレー(3月25日~29日)」の予定。間隔が空くため一度日本に戻り体勢を整える。「トレーニングを中心にやってもっと安定感を出したい」。今大会で出た課題と収穫を持ち帰り、いつもとは違う形式での戦いに備える。


【関連ニュース】
■WGC-メキシコ選手権 最終結果
■今平周吾が描く20年の青写真 「3年連続で獲りたい」、カギを握るのは海外メジャー
■今平周吾 課題はスイング時の“体重移動”と海外での“体調管理”
■松山英樹は2戦連続のトップ10 攻めあぐねた悔しさもパッティング復調
■谷口拓也と一ノ瀬優希の結婚披露宴に岩田寛、大山志保、森田理香子らが出席

あわせて読みたい

ALBAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「今平周吾 + Instagram」のおすすめ記事

「今平周吾 + Instagram」のおすすめ記事をもっと見る

「今平周吾 + 結婚」のおすすめ記事

「今平周吾 + 結婚」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「上田桃子」のニュース

次に読みたい関連記事「上田桃子」のニュースをもっと見る

ゴルフニュースアクセスランキング

ゴルフランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月24日のゴルフ記事

キーワード一覧

  1. 今平周吾 Instagram
  2. 今平周吾 結婚

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。