シブコは「絶対ムリ!」の欠場 ドラコン女王決定戦を制したのは?【19年パンチショット総集編】

シブコは「絶対ムリ!」の欠場 ドラコン女王決定戦を制したのは?【19年パンチショット総集編】
       
トーナメント会場で、選手の印象的な言葉や、プライベートシーンなどを耳にする機会が
多い現場記者。選手の素の表情やツアーの裏側が分かる、ちょっと“パンチ”の効いた(?)こぼれ話をお届けしてきた“きょうのパンチショット”。その中でも人気をあつめたエピソードをご紹介。今回は第18位をご紹介。
華やか!シブコ・エリカ・ヒナの黄金世代がそろった!【写真】
「デサントレディース東海クラシック」には、名物ともいえるドライビング女王コンテストがある。
第2ラウンド終了後に開催され、ツアーを代表する飛ばし屋たちが参加。賞金総額100万円(優勝50万円、2位30万円、3位20万円)をかけて競い合い、2018年は272ヤードを記録した穴井詩が“初優勝”を果たした。
ちょっとしたボーナスゲットのチャンスだが、渋野日向子は「絶対ムリ!(笑)」ということで早々に“欠場”を表明。同大会時点でのドライビングディスタンスは245.73ヤードで、ツアー14位と上位につけてはいたが、18年のドラコン大会で3位に入った三浦桃香が266.6ヤードを飛ばしていたこともあり「厳しい。挑戦もしません!」とキッパリ。全英覇者の健闘を楽しみにしていたファンには、ちょっと残念な決断になってしまった。
原英莉花など、同級生はドラコン女王戴冠に向け気合十分。「去年は2球ともOBだったので、今年はフェアウェイに飛ばせるように」とフルスイングを見せ会場を盛り上げた。結果はやはり、前年チャンプの穴井詩がぶっちぎりで優勝。276.2ヤードを記録して、タイトルを守った。

■シブコが描いたネズミは? 今年の干支に挑戦
■石川遼の「うおおおおぉ!」 雄叫びスイングで飛距離は変わる?
■幸せオーラ全開!おのろけイ・ボミ
■松田鈴英が“JK”に変身!?
■あなたの一票で決まる!2019年女子プロベストドレッサー

あわせて読みたい

ALBAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ゴルフニュースアクセスランキング

ゴルフランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月21日のゴルフ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。