トップアマチュアのプロテスト1次・2次を免除 JLPGAが新規定

トップアマチュアのプロテスト1次・2次を免除 JLPGAが新規定
日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)が2020年のプロテスト規定を発表。今年から、最終プロテスト受験資格として、新たな項目が加わった。
昨年はセクシー・クイーンも正式にプロ入り【写真】
2020年度から加わったのは、『当該年度7月31日(金)時点のロレックスランキング50位までの者』、『当該年度JGAナショナルチーム女子メンバーのうち当該年度7月31日(金)時点のJGA日本アマチュアゴルフランキング上位5名の者』。日本代表のトップアマチュアは、最終から受験可能となる。
これまでの規定には、過去3年間の「日本女子アマ」、「日本女子学生」の優勝者、「日本女子オープン」ローアマの者などは最終からの出場が可能だったが、アマチュアランキングのトップ選手もこれらに加わることになった。
昨年から高校3年生の受験が可能になり、最終プロテストの時期も夏から11月に移動。ツアー出場の優先順位を決するQT(予選会)の受験者も一部の例外を除き正会員に限られるなど、よりプロテストの重要性が高まっている。
新たに加わった7月31日時点のアマチュアランキングの項目については、6月13~16日に鳥取県で開催される日本女子アマの結果が反映されるため、各選手にとってはここで結果を残したいところだ。
20年のナショナルチームメンバーは尾関彩美悠(作陽高1年)、梶谷翼(滝川第二高1年)、佐久間朱莉(埼玉平成高2年)、星川ひなの(日大2年)、六車日那乃(麗澤高2年)。年齢的に今年のプロテスト受験資格を保有するのは佐久間、星川、六車の3人。六車はアマチュアランキング2位、佐久間は同3位、星川は同5位となっており、順位キープで最終からの受験が可能となる。
なお、今年のプロテストは1次が8月下旬から9月上旬までに5会場で行われ、2次が10月に3会場で開催。最終プロテストは茨城県の静ヒルズCCを舞台に11月3~6日の日程で行われる。

■昨年のプロテスト合格者一覧
■安田祐香、吉田優利、西村優菜 プラチナ3人娘、それぞれの印象を告白
■制度変更後初となるプロテスト 不合格者たちはどこへ行く?
■あなたは何問解ける? 「プラチナ世代クイズ」初級編
■あなたの一票で決まる! 「女子プロドレス選手権」開催中

あわせて読みたい

ALBAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ゴルフニュースアクセスランキング

ゴルフランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月30日のゴルフ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。