13年前、ついに男子ゴルフ界に“救世主”が現れた!【現場記者の“こぼれ話”】

13年前、ついに男子ゴルフ界に“救世主”が現れた!【現場記者の“こぼれ話”】
新型コロナウイルス感染拡大の影響で、国内だけでなく世界各国で中止が余儀なくされているゴルフトーナメント。なかなか試合の臨場感を伝えることができない状況が続いています。そんななか、少しでもツアーへの思いを馳せてもらおうと、ツアー取材担当記者が見た選手の意外な素顔や強さの秘訣、思い出の取材などを紹介。本来なら今週は関西オープンが開催される予定でしたが、次年度に延期となりました。関西オープンがこの週に組み込まれたのは2014年以降で、13年前の2007年には「マンシングウェアオープンKSBカップ」が行われていました。そう、高校一年生の石川遼くんが優勝したあの試合です。
16歳の超ワイドスタンスに「こんなに広かったんだ!」と本人もビックリ【写真】
当時私は、ゴルフ雑誌ALBAの編集者として、主に男子ツアーの練習日に取材をしていて、2007年の「マンシングウェアオープンKSBカップ」が行われた岡山県の東児が丘マリンヒルズゴルフクラブにも行っていました。そのときは(今もですが)トップジュニアに詳しくなかったので、本戦が始まって東京に帰ってきた時点では、石川遼の存在すら知らない状態。試合のほうは豪雨のため、決勝進出者の人数を絞って最終日に36ホールを消化する変則的な日程になっていました。“奇跡”前夜の土曜日の時点で、36ホールを終えた遼くんの順位は首位と7打差の23位タイ。
そして運命の13年前の5月20日の日曜日、私はプロコーチの井上透さんの取材で、横浜市内の練習場を訪れていました。会うなり井上さんは「リョウなら優勝するかもしれない」と、携帯電話を片手に大興奮。井上さんは昔からジュニア育成に関わっていたので、石川遼くんのこともよく知っていたのです。私のほうは『リョウって誰ですか?』と思いながら、でもマンシング帰りで知らないともはっきり言えず、「タッド・フジカワはなぜ飛ぶのか?」という企画の取材を進めていました。前半の18ホールを終えた時点で遼くんは首位と4打差の9位タイまで順位を上げていたのです。

当時の記事を読む

石川遼のプロフィールを見る
ALBAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「石川遼」に関する記事

「石川遼」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「石川遼」の記事

次に読みたい「石川遼」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月20日のゴルフ記事

キーワード一覧

  1. 石川遼 結婚

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。