中嶋常幸は高いトップから極上フェードボールを打っていた【レジェンドのスイング回顧録】

中嶋常幸は高いトップから極上フェードボールを打っていた【レジェンドのスイング回顧録】
       
1954年に群馬県で生まれた中嶋常幸は、1973年に当時史上最年少の18歳で「日本アマ」に優勝。1975年にプロ入りすると、翌1976年に早くも初勝利を挙げた。青木功尾崎将司とともに、AON時代を築き、1982、1983、1985、1986年と4度の賞金王に輝いた。1985年には年間6勝を挙げ、出場24試合中17試合でトップ10に入る圧倒的な強さで、史上初の年間獲得賞金1億円を突破。その年の中嶋の9番アイアンのスイングを、ゴルフスイングの歴史に詳しいプロコーチの井上透氏が解説する。
世界一美しいスイングと評された中嶋常幸のアイアンショット【連続写真】

単純にすごくきれいなスイングです。このとき、中嶋さんは世界一美しいスイングと言われていました。リズム感や流れが良くてしなやか。中嶋さんらしいダイナミックなスイングだと思います。バックスイングでは手元と体の一体感を持って捻転をさせて、フィニッシュは逆C字でした。当時のジャック・ニクラスのようなイメージで打っていたのではないかという気はします。
特徴的なのはダウインスイングの動きです。アップライトな高いトップのポジションから、シャフトは首のラインから下りてくる。この軌道で振っていたということは、フェード系のボールだったと想像できます。私と出会った頃も中嶋さんは左から右にボールを曲げるのがすごく上手でした。全体的にワンピース感のある良い動きです。ハーフウェイバックのフェースアングルは背骨の角度と平行になっているし、その中間のフェースアングルもきれいです。そういう意味では現代スイングと大きな遜色はありません。

あわせて読みたい

中嶋常幸のプロフィールを見る
ALBAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「宮里優作」のニュース

次に読みたい関連記事「宮里優作」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「時松隆光」のニュース

次に読みたい関連記事「時松隆光」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「谷口徹」のニュース

次に読みたい関連記事「谷口徹」のニュースをもっと見る

ゴルフニュースアクセスランキング

ゴルフランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月23日のゴルフ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。