2020-21年を1シーズンとして開催! 国内女子ゴルフは新方式を発表、出場資格などにも言及

2020-21年を1シーズンとして開催! 国内女子ゴルフは新方式を発表、出場資格などにも言及
日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)は25日(月)、オンラインミーティングアプリを使用した記者会見を開いた。小林浩美会長も出席した会見では、新型コロナウイルス感染拡大による大会中止が続く現状を踏まえ、新たに今年と来年を1シーズンとする新たな開催方式などが発表された。
どうなる? 20-21年シーズンのイメージ図【写真】
3月の開幕戦「ダイキンオーキッドレディス」から、25日現在ですでに全37試合中18試合の中止が決まっている国内女子ツアー。現時点で開幕の見込みも立っておらず、すでに半分以上の試合が白紙となった。これにより、今年の残り試合だけで賞金女王など各種ランキングや、来季の出場権などを決めることは「選手の総合的な実力を反映したものにならない」という判断に至り、新たな仕組みが打ち出されることになった。
それに伴い、選手の出場資格にも変更が生じる。「2019年の成績に基づいて付与する」のはこれまでと同様だが、その期間が変わる。今季のフル出場権を確保していた賞金及びその他シード選手については、「日本女子オープン」、「TOTOジャパンクラシック」、「JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」の出場資格が異なる3試合を除く『権利保障対象競技』(最小34試合~最大40試合程度)が設けられ、この期間の出場権が保障されることになる。そしてその後は、来年秋ごろを目安に行われるリシャッフルの結果で、終盤戦の出場権が新たに付与されることになる。なお20-21年シーズンの優勝者については、最終戦まで出場することが可能になることも発表された。

あわせて読みたい

ALBAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ゴルフニュースアクセスランキング

ゴルフランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月25日のゴルフ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。