樋口久子や小林浩美も歴代チャンプ 前身は男女共催大会だった「全英への道」

樋口久子や小林浩美も歴代チャンプ 前身は男女共催大会だった「全英への道」
       
5月28日(木)から開催される予定だったのが、「~全英への道~ミズノオープン」。今年で第50回を迎えるはずだったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響でアニバーサリー大会は持ち越しとなった。
新ドライバー投入!石川遼の2020年セッティング【写真】
大会名の通り「全英オープン」の予選会に位置づけられており、大会上位者を世界最古のメジャーへ排出。歴代優勝者には田中秀道(2001年)、石川遼(2009年)、手嶋多一(2015年)らが名を連ね、昨年大会では池田勇太が優勝して“滑り込み”で全英出場を決めた。
18年からは会場をザ・ロイヤル ゴルフクラブ(茨城県)に移し、最長8000ヤード超えの“モンスターコース”として話題を集めたが、大会の歴史のスタートは男女共催大会からだった。「美津濃トーナメント・ゴルフ」として第1回大会を迎えたのが1971年。そこから90年の第20回大会まで男女ツアーの共催として行われ、女子ツアーでは樋口久子や岡本綾子、森口祐子、小林浩美らが歴代優勝者に名を刻んでいる。
全英オープンの予選会が兼ねられるようになったのは93年の第23回大会から。09年には石川が17歳でプロ2勝目を挙げ、自身初の全英オープン出場を確定。同年には特別招待で「マスターズ」、「全米プロ」にも出場していたが、はじめて自力でつかんだメジャー行きの切符だった。
翌年に初優勝を飾ったのが、石川の杉並学院高時代の先輩である薗田峻輔。プロデビューから出場わずか5試合目での快挙達成をともに喜んだ。15年には手嶋多一がミズノ契約のホストプロとして優勝。これは、86年当時にミズノと契約していた

あわせて読みたい

石川遼のプロフィールを見る
ALBAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「石川遼」に関する記事

「石川遼」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「石川遼」の記事

次に読みたい「石川遼」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月28日のゴルフ記事

キーワード一覧

  1. 石川遼 結婚

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。