石川遼のエースキャディがアマチュアにもおすすめ ツアープロも実践するパット練習“基本のき”【プロキャディからの助け舟】

石川遼のエースキャディがアマチュアにもおすすめ ツアープロも実践するパット練習“基本のき”【プロキャディからの助け舟】
トーナメント会場にいる関係者のなかで、一番近くでプロゴルファーのプレーを見ているのがプロキャディ。そして唯一ラウンド中にプロにアドバイスを送れる存在でもある。そんなプロキャディだからこそ、我々アマチュアゴルファーのスコアアップにつながる“アドバイス”を知っているのではないか。今回は、昨年12月に石川遼のシーズン3勝目を支えた佐藤賢和キャディ。
■苦手を消してポジティブに プロアマ共通事項がスコアアップにつながる
片山晋呉、石川遼、上田桃子有村智恵イ・ボミ(韓国)、テレサ・ルー(台湾)といった、超一流選手のバッグを担いできた佐藤キャディ。東北福祉大ゴルフ部出身で同期には宮里優作、岩田寛のトッププロに加え、同じキャディの道に進み、長く松山英樹のエースキャディを務めた進藤大典氏も。佐藤キャディも最初はツアープロを目指したが、現在は黒子の存在として選手を支えている。そんなトップ選手を見てきて思うことは、危機管理が徹底していることだという。
スコアなど気にせず、ただひたすらドライバーで飛ばしたいと思うのもゴルフの楽しみ方の一つだが、ほとんどのゴルファーはスコアアップを目指しているはず。「私のアドバイスで『100を切ることができた』などということが難しいのは承知の上で申し上げますが、一つ大事なのは、リスクマネジメントだと思います」と佐藤キャディ。
簡単にいえば、「自分の苦手分野、例えば池越えが苦手、ティショットのOBが多いなど、ウィークポイントを明らかにしておくことです。ドライバーを抜くことがあってもいいでしょうし、とにかく自分の力量以上のことをしないことではないでしょうか」。上原彩子は飛距離が出なくとも米ツアーでも通用するが、「上原プロはマネジメントが徹底しているからこその選手。上田プロもそうですし、あとはやっぱり片山プロ。とにかく言った通りに打つ技術があるので、失敗したときはこちらの言ったことが間違っていたということです」。あらためてマネジメントを見直すことが大事だということだ。

あわせて読みたい

ALBAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「石川遼 + 結婚」のおすすめ記事

「石川遼 + 結婚」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「片山晋呉」のニュース

次に読みたい関連記事「片山晋呉」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「畑岡奈紗」のニュース

次に読みたい関連記事「畑岡奈紗」のニュースをもっと見る

ゴルフニュースアクセスランキング

ゴルフランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月29日のゴルフ記事

キーワード一覧

  1. 石川遼 結婚

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。