過去大会2勝のイ・ボミ 出場厳しい日本ツアー開幕戦への複雑な思いを語る

過去大会2勝のイ・ボミ 出場厳しい日本ツアー開幕戦への複雑な思いを語る
2020年の初戦を、6月25日開幕の「アース・モンダミンカップ」とする意向を示した国内女子ツアー。ただ、無事開催となっても入国制限などにより、昨年覇者の申ジエ(韓国)をはじめ、日本以外で調整を続けていた海外勢は大会に出場できない可能性が高くなってしまっている。
南国タイで魅せた。イ・ボミのおしゃれな私服姿【フォトギャラリー】
同大会で15、16年と連覇を達成しているイ・ボミ(韓国)もその一人。「今は入国制限により、日本へ行くことができずに待つしかありません」と国の方針が変わることを祈ることしかできない状況となってしまっている。「ただ、日本で大会が行われるのはうれしく思い、とても応援しています」と主戦場としている地のツアーが再開するのは喜ばしいことでもある。ただ、そこに自分は…という複雑な思いだ。
ボミは日本ツアーメンバーより一足先に、世界各国の主要ツアーの先陣を切ってスタートした韓国女子メジャー「韓国女子プロ選手権」、再開2戦目となる「E1チャリティーオープン」と2試合に出場した。そこで感じたのはやはり“ツアーができる”幸せだ。「私が韓国で久しぶりに試合が出来た喜びを、日本の選手たちにも早くその機会が来てほしいと思っていました。そして早く一緒に試合をしたいです」と胸中を明かしている。
日本女子プロゴルフ協会の小林浩美会長は、入国制限などで出場がかなわない選手に対して、「心苦しく思っています。国の指針であり私たちの力が及ばないところでもあります。どうしようもないところもあり、とても残念です」と話している。開幕にはこぎつけたものの、浮上した別の問題。早くこのウイルス禍が終息し、資格を持つ全員が出場できる日が来ることを祈るばかりだ。

■イ・ボミが出場「E1チャリティオープン」最終結果
■「私たちも困っている」国内女子ツアー開幕発表も小林会長が本音
■イ・ボミの今季初戦「E1チャリティオープン」最終結果
■復活優勝に追い風 イ・ボミ新兵器最大のメリットは“記憶を消せる”
■10年前、日本ツアー挑戦時のイ・ボミ【写真】

あわせて読みたい

ALBAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「上田桃子」のニュース

次に読みたい関連記事「上田桃子」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「タイガー・ウッズ」のニュース

次に読みたい関連記事「タイガー・ウッズ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「森田理香子」のニュース

次に読みたい関連記事「森田理香子」のニュースをもっと見る

ゴルフニュースアクセスランキング

ゴルフランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月3日のゴルフ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。