河本結は今年の米ツアーデビュー戦からドライバーを変更 「飛距離が8ヤード伸びました」

河本結は今年の米ツアーデビュー戦からドライバーを変更 「飛距離が8ヤード伸びました」
昨年の「アクサレディス」でツアー初優勝を挙げ、ブレイクを果たした河本結。スタッツを見ても、パーオン率(72.58%で12位)、ドライビングディスタンス(247.69ヤードで13位)ともに上位で、ショット力の高さがうかがえる。そして昨年末には、米女子ツアー出場権を得るための予選会(QT)に挑戦して、9位で見事突破。今年は中断されるまでの米女子ツアー3試合に出場して賞金ランク30位につけている。米女子ツアーにYouTubeと、どんどん活躍の場を広げている河本のセッティングを見てみよう。
ドライバーを『マーベリックマックス』に変更して飛距離もマックスに!【写真】
今季1月の米女子ツアーデビュー時点では、ドライバーは『エピックフラッシュ』がバッグに入っていた。現在はツアー中断後にテストした『マーベリックマックス』に替わっている。なかなかクラブを替えないという河本に話を聞いてみた。
「私は元々フェード系ですけど、(昨年まで使用していた)ローグだとドローを打てなかった。マーベリックにしたらドローとフェードを打ち分けやすくなりました。しかも平均飛距離が8ヤードほど伸びて、255ヤードを超えるときもあるのは大きい。ミスヒットに強く、当たり所に関係なく初速が速いから安心して振っていけます」。
河本が使う『マックス』は、マーベリックシリーズの中でもヘッドが一番大きく見えるタイプ。なぜ『マックス』を選んだのか。キャロウェイのツアーレップを務める中島淳氏が答えてくれた。

あわせて読みたい

ALBAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「原英莉花」のニュース

次に読みたい関連記事「原英莉花」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「小祝さくら」のニュース

次に読みたい関連記事「小祝さくら」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「畑岡奈紗」のニュース

次に読みたい関連記事「畑岡奈紗」のニュースをもっと見る

ゴルフニュースアクセスランキング

ゴルフランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月4日のゴルフ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。