独特スイングのマシュー・ウルフが「64」で単独トップに「自分に期待してないから良いスコアにつながった」

独特スイングのマシュー・ウルフが「64」で単独トップに「自分に期待してないから良いスコアにつながった」
<ロケット・モーゲージ・クラシック 3日目◇4日◇デトロイトGC(米ミシガン州)◇7340ヤード・パー72>
米国男子ツアー再開4戦目となる「ロケット・モーゲージ・クラシック」の3日目の競技が終了。ムービングサタデーに単独トップに立ったのは、21歳のマシュー・ウルフ(米国)だった。
なぜこれで真っすぐ飛ぶ? マシュー・ウルフの独特スイング【写真】
ウルフは1イーグル、9バーディ、3ボギーと、2日目に続いて「64」をマーク。トータル19アンダーまでスコアを伸ばして、2位のライアン・アーマーとブライソン・デシャンボー(ともに米国)に3打差をつけて、単独トップに立っている。松山英樹は「65」でトータル12アンダー・13位タイ。
クラブを上げる前のワッグルで一度踊るように腰を回転させる。そしてクラブを立てて外に上げてから、ダウンスイングで寝かせて下ろすという独特なスイングで知られるウルフ。昨年、日本で行われた米国男子ツアー、「ZOZOチャンピオンシップ」では、ウルフのスイングを一目見ようと、日本の多くのティーチングプロたちが練習場の後ろで動画を撮影していた。
彼のコーチは、カリフォルニアを拠点とするジョージ・ガンカス。「GGスイング」といえば、知っている人もいるだろう。上げる軌道と下ろす軌道がまったく違うが、回転速度が速く飛距離も出る。現在のドライビングディスタンスは310.9ヤードで12位。生で見ると、なぜあれで真っすぐ遠くに飛ぶのかと不思議な感じだ。

あわせて読みたい

松山英樹のプロフィールを見る
ALBAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「片山晋呉」のニュース

次に読みたい関連記事「片山晋呉」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「森田理香子」のニュース

次に読みたい関連記事「森田理香子」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「畑岡奈紗」のニュース

次に読みたい関連記事「畑岡奈紗」のニュースをもっと見る

ゴルフニュースアクセスランキング

ゴルフランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月5日のゴルフ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。