松山英樹はトータル12アンダー・13位タイで最終日へ「明日は20アンダー以上を目指したい」

松山英樹はトータル12アンダー・13位タイで最終日へ「明日は20アンダー以上を目指したい」
<ロケット・モーゲージ・クラシック 3日目◇4日◇デトロイトGC(米ミシガン州)◇7340ヤード・パー72>
米国男子ツアー再開4戦目となる「ロケット・モーゲージ・クラシック」第3ラウンド。松山英樹は7バーディ、ノーボギーの「65」と圧巻のプレーで、一気にリーダーボードを駆け上がった。初日は87位タイ、2日目は55位タイだったが、3日目終了時点でトータル12アンダーは13位タイまで順位を上げている。トーナメントリーダーはマシュー・ウルフ(米国)。松山を上回る「64」をマークして、トータル19アンダーで単独トップに立った。
強くボールを押し込む! 松山英樹のドライバーショット【連続写真】
フェアウェイキープ率85.71%、パーオン率77.87%と、今大会の3日間の中で最もショットが安定していた松山。加えて要所でパットが決まった。それでも松山に満足感はない。「ミスがコースの幅に行ったり、ミスパットが入ってくれたり、そういうスコアにつながるラッキーがいっぱいあったので良かったと思うけど」とこの日のプレーを振り返った。
序盤はパットに苦しんだ。1番は4メートル半、2番は4メートル、3番では1メートルのバーディチャンスにつけたが、いずれも入らずガックリと肩を落とした。
しかし「ショットの感覚は昨日とあまり変わってない」と言いながら、最初のバーディは持ち前のショット力で呼び込む。4番パー5では、残り88ヤードの3打目を40センチにつけてタップインバーディ。続く5番パー3も上からの3メートルを沈めて、連続バーディとした。7番パー5では残り249ヤードをUTで6メートルに2オンさせてバーディ。3つスコアを伸ばして折り返した。

あわせて読みたい

松山英樹のプロフィールを見る
ALBAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「片山晋呉」のニュース

次に読みたい関連記事「片山晋呉」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「森田理香子」のニュース

次に読みたい関連記事「森田理香子」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「畑岡奈紗」のニュース

次に読みたい関連記事「畑岡奈紗」のニュースをもっと見る

ゴルフニュースアクセスランキング

ゴルフランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月5日のゴルフ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。