「試打会だから毎日違う」 片山晋呉の初日は『SIM』で2日目は『G400 LST』

「試打会だから毎日違う」 片山晋呉の初日は『SIM』で2日目は『G400 LST』
       
<JGTO共催ゴルフパートナーエキシビショントーナメント 2日目◇10日◇取手国際ゴルフ倶楽部(茨城県)◇6766ヤード・パー70>
優勝した22歳の関藤直熙(せきとう・なおき)や、2位に入った24歳の和田章太郎など、若手の活躍が目立った「ゴルフパートナーエキシビショントーナメント」。その中で47歳の片山晋呉が2日目に「64」を出して、5位タイに食い込んだ。昨年から取り組んでいる新スイング、そして契約フリーとなって探しているエースドライバーと、常に新しくて良いものを探し続けて、その成果が出始めている。
トップで左ヒザを突き出して右足を伸ばす 片山晋呉の最新スイング【連続写真】
今大会で片山は3本のドライバーを会場に持ち込み、朝の練習場で試し、その日のクラブを選んでいた。初日に握られていたのはテーラーメイドの『SIM』。関係者の話では、片山用に少しアップライトにして、ヘッドの重りを軽いものに変え、フェース寄りの重心を落とすことで、つかまるように調整してある。
ところが2日目に握っていたドライバーは昨年も使用していたPINGの『G400 LS TEC』だった。ラウンド後にインターネット中継のスタジオに呼ばれた片山はこう答えている。「朝練習しているときに雨が降っていたので、球が上がりやすいほうがいいなと思って持ってきたんです」。それが見事にはまって、1イーグル、4バーディで6つスコアを伸ばした。「試打会だから毎回違う」とも言っている。

あわせて読みたい

片山晋呉のプロフィールを見る
ALBAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「藤田寛之」のニュース

次に読みたい関連記事「藤田寛之」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「小田孔明」のニュース

次に読みたい関連記事「小田孔明」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「畑岡奈紗」のニュース

次に読みたい関連記事「畑岡奈紗」のニュースをもっと見る

ゴルフニュースアクセスランキング

ゴルフランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月11日のゴルフ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。