調子を確かめるなら直ドラ! 理想はライナーよりも上がる球【渡邉彩香の復活ドリル】

調子を確かめるなら直ドラ! 理想はライナーよりも上がる球【渡邉彩香の復活ドリル】
拡大する(全1枚)
6月の国内女子ツアー開幕戦「アース・モンダミンカップ」で5年ぶりとなるツアー通算4勝目を挙げた渡邉彩香。2016年にリオ五輪に出られなかった悔しさを経験し、苦しんだ時期を乗り越えて掴んだ優勝の裏には、欠かせないドリルがいくつかある。そんな“復活ドリル”を教えてもらうために、渡邉の地元、静岡・伊豆の凾南ゴルフ倶楽部に早速お邪魔してきた。今回はプロでも難しいといわれる“直ドラ”だ。
さすが!渡邉彩香の“直ドラ”お手本【スイング動画】
渡邉が「自分の調子を確かめるため」にやっているのがこの練習。「私は直ドラをコースで使うことはほとんどありません。では、なぜ練習に取り入れているのかというと、直ドラはボールに対するクラブの入りがとてもシビアで、スイング中に自分の体がちょっとでもブレてしまうとクリーンにヒットすることができないからです」と自分の悪いクセが出ていないか、チェックの意味合いが大きいという。確かに高くティアップされているボールなら、どんな軌道だろうとボールに当てること自体は難しくない。
実際にコースで打つための練習ではないため、ボール位置もいつものドライバーショットと同じ位置。「いきなり芝から打つのは難しい、という方は、最初はショートティなど低いティを刺してやってもいいと思います。慣れてきたらティを外してみましょう」と渡邉は言う。また、練習場がマットの場合、芝以上に難易度が上がるため、まずは一番低いティから試していくのもありだろう。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

渡邉彩香のプロフィールを見る
ALBAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「渡邉彩香」に関する記事

「渡邉彩香」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「渡邉彩香」の記事

次に読みたい「渡邉彩香」の記事をもっと見る

ゴルフニュースランキング

ゴルフランキングをもっと見る
お買いものリンク