“ホステス”大山志保がチャリティマッチ開催に感謝 「すごく楽しいし、ありがたい」

“ホステス”大山志保がチャリティマッチ開催に感謝 「すごく楽しいし、ありがたい」
拡大する(全1枚)
<ISPS HANDA 医療従事者応援 チャリティレディーストーナメント 初日◇3日◇伊豆大仁カントリークラブ(静岡県)◇6513ヤード・パー72>
女子ゴルファー111人が参加し行われるチャリティマッチが、3日開幕した。その大会を主催する国際スポーツ振興協会(ISPS)のアンバサダーを務める大山志保が、現在のコロナ禍のなかギャラリー入りで実施に踏み切った大会に対し、感謝の気持ちを示した。
大山志保が「電車で気づかれなかった」という赤と黒のドレス姿【特選フォト】
大会のポスターを見ると、そのど真ん中で笑顔を浮かべる大山。“ホステス大会”とも呼べる試合は賞金総額3000万円(優勝賞金600万円)がかけられ、チャリティマッチとしては大規模なスケールで行われている。その賞金のうち『全額』、『半額』、『3分の1』、『5分の1』を選んで、地元や出身地の医療機関に自ら寄付をすることが出場の条件。2016年の「フジサンケイレディス」優勝時には、賞金の全額を震災に襲われた熊本に寄付するなどチャリティ活動にも精力的なベテランは、やはりこの伊豆でも燃えている。
「今年はもうギャラリーの前でプレーできないと思っていた」と、まずは観客からの拍手を受けながらラウンドできたことに感激。今回の英断をくだしたISPSに対し「色々(批判的なことも)言われることもあると思う。開催してくれたことに感謝。すごく楽しいし、ありがたい」と述べた。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

大山志保のプロフィールを見る
ALBAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「大山志保」に関する記事

「大山志保」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「大山志保」の記事

次に読みたい「大山志保」の記事をもっと見る

ゴルフニュースランキング

ゴルフランキングをもっと見る
お買いものリンク