渡邉彩香の最新クラブセッティング 2015年に2勝を挙げた“オレンジヘッド”で、飛距離と自信を取り戻した

渡邉彩香の最新クラブセッティング 2015年に2勝を挙げた“オレンジヘッド”で、飛距離と自信を取り戻した
       
今季開幕戦の「アース・モンダミンカップ」で5年振りの優勝を挙げた渡邉彩香。2012年にプロテストに合格後、14年に初優勝、15年には2勝を挙げる活躍を見せていた。ところが16年から不調に陥り、18年は賞金ランク55位、19年は賞金ランク115位とシードを逃していた。6月の涙の復活優勝から1カ月半。「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」で今季2戦目を迎える渡邉のクラブセッティングを見てみよう。
飛ぶフェードが帰ってきた! 渡邉彩香の最新ドライバーショット【動画】
渡邉と言えば、250ヤードを軽く超える飛距離が魅力。ドライビングディスタンスではトップ10の常連だった。しかし、昨年のドライビングディスタンスは238.19ヤードで42位と、得意のショットに迷いが見られた。そこで原点回帰。今年キャディバッグに入れたドライバーは、15年に獲得賞金1億円を突破した“オレンジヘッド”のブリヂストン『J015』だったのだ。
「自分が良かった頃のドライバーでQTに臨みたい」と、渡邉は昨年のQTから『J015』を再び使い出した。ブリヂストンゴルフのツアーレップ、阿部貴史氏は「一昨年、昨年と不振にあえいだ中で、ドライバーは試行錯誤を続け、やりつくした感がありました。プレーに集中してもらうためにも、チームブリヂストンとしてJ015を使ってもらうことにしました」と経緯を語る。
その決断が功を奏し、QTは19位で出場権を得ることができ、今年の復活優勝へとつながった。スイング改造との相乗効果で飛距離も戻ってきている。メーカーとしては、最新のドライバーを使ってもらいたいところだが、旧モデルの使用を後押しすることは珍しい。渡邉の復活を信じ、並々ならぬ期待をかけていることが伺える。
渡邉彩香のプロフィールを見る
ALBAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「上田桃子」のニュース

次に読みたい関連記事「上田桃子」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「森田理香子」のニュース

次に読みたい関連記事「森田理香子」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「池田勇太」のニュース

次に読みたい関連記事「池田勇太」のニュースをもっと見る

ゴルフニュースアクセスランキング

ゴルフランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年8月5日のゴルフ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。