菊地絵理香の最新クラブセッティング ドライバーは『VG3』から『TS4』に、シャフトは『エボ7』をテスト中

菊地絵理香の最新クラブセッティング ドライバーは『VG3』から『TS4』に、シャフトは『エボ7』をテスト中
拡大する(全1枚)
北海道苫小牧市出身の菊地絵理香は今年7月で32歳になった。ジュニア時代は名門・東北高校に進学し、1学年先輩に有村智恵と原江里菜がいた。2006年の高校3年時には、全国高等学校ゴルフ選手権で個人、団体ともに優勝を飾っている。プロテスト合格は08年。12年に初シードを獲得すると、15年の「KKT杯バンテリンレディス」でツアー初優勝。これまでにツアー通算3勝を挙げ、入れ替わりの激しい国内女子ツアーで、現在まで7年連続で賞金ランク25位以内をキープしている。生涯獲得賞金は4億6千万円を突破し、今季は5億円の大台に期待がかかる。そんな菊地のクラブセッティングを見てみよう。
雰囲気がちょっと違う!? 高校2年生の菊地絵理香を発見!【写真】
菊地といえば、タイトリスト『VG3』のイメージが強い。しかし、今年はグローバルモデルに一新され、ドライバーは『TS4』に変更している。『TS4』はTSシリーズの中でヘッド体積が430ccと小さめで操作性が良く、ロースピンの設計で、『VG3』とは対極にあるようなモデルだ。なぜ『TS4を選んだのか。タイトリストのツアー担当に話を聞いた。
「TS1からTS4まで4モデルすべてをテストはしてもらいました。どれも良かったのですが、TS4はロースピンで飛んでいくので弾道が強く、ランも出る。ロフトを9.5度から10.5度に変更することで、弾道の高さを確保することができました。結果的にTS4が菊地プロの理想に近かったのです」
編集部おすすめ

当時の記事を読む

菊地絵理香のプロフィールを見る
ALBAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「菊地絵理香」に関する記事

「菊地絵理香」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「菊地絵理香」の記事

次に読みたい「菊地絵理香」の記事をもっと見る

ゴルフニュースランキング

ゴルフランキングをもっと見る
お買いものリンク