19年のゴルフ市場は微増 ゴルフ人口は減るも支出はアップ

19年のゴルフ市場は微増 ゴルフ人口は減るも支出はアップ
公益財団法人日本生産本部の余暇総研は、9月30日に発行を予定している「レジャー白書2020」の概要を発表した。同書には2019年の国内の余暇活動を調査・分析したものが記され、ゴルフについても触れられている。
上田桃子のスイングを渋野のコーチが解説【連続写真】
市場規模はゴルフ場が3.3%増、ゴルフ用品は0.3%増と前年の18年からプラス、用品については17年から継続して伸びている。しかし、練習場についてはここ数年、底打ちに近い状況となっている。なお、発行前のため具体的な数字は公表されていない。
調査では、数字が伸びた背景について「18年に比べ19年は天候に悩まされる機会が減った」、「スループレーによるプレーの効率化」といった声が上がっている。19年は渋野日向子の「AIG女子オープン」優勝、黄金世代の活躍といった女子プロ人気は高かったものの、新規ゴルファーの取り込みまでには至らなかったようだ。
微増ではあるものの市場規模は上がったが、ゴルフ人口(コースで1回以上プレーした人口)は前年の18年から90万人減少の580万人と前年から13.4%のマイナス。練習場入場者については16.6%減の550万人となっている。しかしながら、ゴルフ関連の消費に当たる年間平均費用はわずかだが前年を上回り、ゴルファー一人当たりあたりの支出が増えている。市場動向を行っている桜美林大学・山口有次教授は19年の結果を「ゴルフ業界を支えているのは依然としてシニア層の力が大きい」と読み解いていることから、シニア層が支払う金額がゴルフ市場に多大な影響を与えているのは明確だ。

当時の記事を読む

上田桃子のプロフィールを見る
ALBAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「上田桃子」に関する記事

「上田桃子」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「上田桃子」の記事

次に読みたい「上田桃子」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年8月25日のゴルフ記事

キーワード一覧

  1. 上田桃子 Instagram
  2. 上田桃子 斉藤和巳
  3. 上田桃子 結婚

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。