日本女子OP最終予選は、濱田茉優がトップで出場権獲得! ルーキーの西郷真央、安田祐香、西村優菜も本戦へ

日本女子OP最終予選は、濱田茉優がトップで出場権獲得! ルーキーの西郷真央、安田祐香、西村優菜も本戦へ
拡大する(全1枚)
<日本女子オープン 最終予選 最終日◇1日◇カレドニアン・ゴルフクラブ(千葉県)>
10月に行われる国内女子メジャー「日本女子オープン」への切符をかけた2日間の最終予選が終了した。初日に5アンダーでトップタイに立った濱田茉優がこの日も「69」とスコアを伸ばし、トータル8アンダーのトップで本戦への出場権を獲得した。
体を左右に大きく揺さぶって飛ばす! 西村優菜のドライバー【連続写真】
濱田は2日間で叩いたボギーは1つだけという安定したプレーを披露。先週、北海道の小樽カントリー倶楽部で行われた「ニトリレディス」で3位タイに入った好調のまま駆け抜けた。日曜日までは北海道、翌月曜日から千葉県での2日間のラウンドに、「スケジュールがハードで、ショットもあまり良くないなか、マネジメントでスコアを組み立てることができました。日本女子オープンも含めてメジャーは難しい。(本戦を)しっかりと戦い抜きたいです」と濱田はコメントしている。
注目のツアールーキーたち、西郷真央はトータル5アンダー・2位タイ、安田祐香はトータル4アンダー・5位タイ、西村優菜はトータル2アンダー・12位タイで本戦への切符を掴んでいる。
そのほかの主な選手では、永峰咲希、福田真未、有村智恵永井花奈、藤本麻子、金田久美子、ユン・チェヨン、酒井美紀、松森彩夏、淺井咲希、葭葉ルミらが2日間36ホールのストロークプレー上位60名が本戦に進出した。
残念ながら、大山志保、森田遙、木戸愛、脇元華、堀琴音は本戦出場ならず。なお、「日本女子オープン」は、福岡県宮若市のザ・クラシックゴルフ倶楽部キング・クイーンコースで10月1~4日に開催される。

■日本女子オープン最終予選 最終成績
■ニトリレディス 最終成績
■笹生優花が史上最速の3試合で5千万突破! 女子賞金ランキング
■「せめて練習場だけでも…」 “新様式”のツアー会場でクラブメーカーが抱える苦悩【記者の目】
■シニアに続き「日本女子OP」「日本OP」が無観客開催へ いずれも賞金25%減
編集部おすすめ

当時の記事を読む

ALBAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

ゴルフニュースランキング

ゴルフランキングをもっと見る
お買いものリンク