バーディ連発の青木瀬令奈が首位T発進 救世主は新パター!?【初日の上位陣コメント集】

バーディ連発の青木瀬令奈が首位T発進 救世主は新パター!?【初日の上位陣コメント集】
拡大する(全1枚)
<日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯 初日◇10日◇JFE瀬戸内海ゴルフ倶楽部(岡山県)◇6640ヤード・パー72>
初日をボギーフリーの好ラウンドで終えた青木瀬令奈が6アンダーの「66」をマーク。同じく6アンダーのイ・ミニョン(韓国)と首位タイで2日目の今日をスタートする。
赤×黒でキメた青木瀬令奈 オフのスタイルはこんな感じ【画像】
今季4試合ではボギーの先行するプレーに苦戦してきた青木だが、「バーディパットをしっかり打てるようにパーオンをすることを心がけた」と、この日は前半後半ともにバーディを連発。マレットタイプのパターを新しく投入したこともナイスプレーを後押した。
バーディを奪った時とボギーを叩いた時で、感情の起伏の差があることにも気づき、「やることをやってボギーを打ったらしょうがない」を今大会のテーマに据えた。2日目は天候が悪い予報も出ており「自分の中で雨は得意な方じゃない」としながらも、「得意の小技でたくさん拾っていけたらいいな」と自分のできるプレーで2日目のラウンドに向かう。
以下、主な上位選手のコメント。
■イ・ミニョン(6アンダー・首位タイ)
「(今回のコースについて)正直、嫌いです(笑)。ターゲット、狙いどころが見にくい。(セパレートされてるような)日本のコースが好きです。(ホールインワンを決めた8番ホール)ホールインワンは3回目。今日はアゲンストでした。しっかり打たないといけないところだったので、しっかり打ったんですけど、それが入っちゃったって感じです」
編集部おすすめ

当時の記事を読む

ALBAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

ゴルフニュースランキング

ゴルフランキングをもっと見る
お買いものリンク