最難関ホールで大逆転 永峰咲希の勝利を支えた長いパー3攻略と二つの“流れ”【辻にぃ見聞】

最難関ホールで大逆転 永峰咲希の勝利を支えた長いパー3攻略と二つの“流れ”【辻にぃ見聞】
       
今季初の公式戦となった「日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯」はプロ7年目の25歳、永峰咲希が逆転優勝を飾った。首位と2打差の4位タイからスタートし、前半だけでスコアを3つ伸ばし逆転勝利。メジャー初優勝を可能にした理由を上田桃子小祝さくららを指導する辻村明志コーチに聞いてみた。
永峰咲希のクラブをのぞき見【写真】
■難コースでの6位からの流れと、アーメンコーナー攻略の流れ
今回のコースはリンクス風のコースといわれていたが、最大のポイントはピンポジションにあった。「予選ラウンドの2日間は易しいピン位置で、バーディが多く出て好スコアが出ましたが、3日目はマウンドにかかっていたり“引っかけ問題”が増えて、最終日はさらに選手を誘うような位置にカップを切ったり、引っかけ問題が増えました。その中でボギーを最小限に抑えたのが大きいです」と辻村氏は永峰のプレーを振り返る。
4日間通してメジャー大会でボギーが6つ。1日で換算すれば1.5コ。それに対し、「バーディを18コ獲っているんです。6年間シード選手としてやっていますし、総合力があるからこそ。今回はコースの肝を抑えたのが勝因です」と辻村氏は分析する。
ではその肝はどこか。4日間を通して最難関となったホールは9番パー4、そして3番目の難易度、最終日は最難関となった8番パー3、この2ホールの流れが決め手だった。7番までに4つ伸ばし首位を独走するかに見えたペ・ヒギョン(韓国)が8番でティショットを奥のラフに打ち込み、バンカー超えでピンが一番奥という、どうにも寄らない状況に陥りダブルボギー。これに対して永峰はバーディ。180ヤードで風も吹き、ピンの位置も難しい状況で一気に流れが変わった。

当時の記事を読む

ALBAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「永峰咲希」に関する記事

「永峰咲希」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「永峰咲希」の記事

次に読みたい「永峰咲希」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年9月15日のゴルフ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。