永峰咲希はお祝いでメジャー制覇実感 3勝目へ「気を引き締めたい」

永峰咲希はお祝いでメジャー制覇実感 3勝目へ「気を引き締めたい」
<デサントレディース東海クラシック 事前情報◇17日◇新南愛知カントリークラブ 美浜コース(愛知県)◇6456ヤード・パー72>
前週に行われた「日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯」でメジャー初制覇を成し遂げた永峰咲希。お祝いメッセージは250件近くにのぼり、「普段連絡をとっていない同級生とかいろんな方面からきて、そういうのですごい大会で優勝できたと実感できました。私だけでなく両親、メーカーにも連絡してくれた方がいるみたいで、そういうのを聞くとうれしいです」と改めて喜びをかみしめた。
鈴木愛の握りが変わった?【大会写真】
とはいえ、新たな戦いへ気が緩んでいるわけではない。「いろんな方に声をかけていただいて、いつもの週よりもモチベーションが上がるのを感じています。先週の優勝者として出ることになる。そこは気を引き締めていきたい」と勝って兜の緒を締めよ、といったところだ。
初優勝を遂げた「フジサンケイレディスクラシック」は、翌週を空き週としたため優勝した翌週に出場するのはこれが初めて。「前回は一週空いたことで、(地元の)宮崎でたくさんお祝いしてもらえました。ただ、今年はいい流れを止めない感じはあるかなと思います。同じ生活リズムで入れるのはいい」と連戦は歓迎だ。
最大級の勢いで臨む戦いは、過去に2度トップ10入りしている相性のいい大会。「毎年ラフが長いので、いい成績かどうかはフェアウェイに行っているかどうかの差だと思う。フェアウェイからアイアンを打てればチャンスにつけられるし、逆にラフから出すだけみたいになることもある。その辺りがカギを握っていますね」とティショットをポイントに挙げる。
「今の勢いに乗って3勝目ができたらいい。まずは優勝争いできたら」。勢いと相性。この2つが組み合わさればとんとん拍子に…、という展開も十分にあり得る。(文・秋田義和)

■デサントレディース東海クラシック 初日の組み合わせ
■永峰咲希のプロフィール
■最難関ホールで大逆転 永峰咲希の勝利を支えた長いパー3攻略と二つの“流れ”【辻にぃ見聞】
■永峰咲希、三角ネックのパターが好調 シャフトも軽めでシンプルに【勝者のギア】
■藤田光里や出場 ステップ 初日の組み合わせ

当時の記事を読む

ALBAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「永峰咲希」に関する記事

「永峰咲希」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「永峰咲希」の記事

次に読みたい「永峰咲希」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年9月17日のゴルフ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。