森田遥の最新クラブセッティング “契約フリー”の今季は、渋野日向子のヘッドと片岡大育のシャフトに変更!?

森田遥の最新クラブセッティング “契約フリー”の今季は、渋野日向子のヘッドと片岡大育のシャフトに変更!?
       
高校を卒業した15年に米下部のシメトラツアーに参戦し、「シメトラクラシック」で初優勝を挙げた森田遥。16年に単年登録で日本ツアーに本格参戦すると、賞金ランク25位でシード権を獲得し、17年には「北海道meijiカップ」で日本ツアー初優勝を挙げた。プロ転向後は本間、次いでヨネックスとクラブ契約をしてきたが、今年からフリーとなった。どんなクラブを選んだのか見てみよう。
森田遙と松森彩夏がドレス姿で美の共演【写真】
森田は今季、ドライバー、フェアウェイウッド、ユーティリティとウッド系のクラブをすべて変更している。まずドライバーは、渋野日向子も使っているピンの人気モデル、『G410 PLUS』にチェンジ。森田の昨年のフェアウェイキープ率は59.33%で82位と決して高くない。ドライビングディスタンスは243.92ヤードで19位と上位につけていることから、より安定性を求めての『G410 PLUS』を選択したことが伺える。
フェアウェイウッドはテーラーメイドの『Mグローレ』、ユーティリティはピンの『G400』が3本入っている。フェアウェイウッドを3番ウッド1本しか入れないのは、クラブ契約していた時代から変わっていない。ユーティリティが3本入っているのは、ピンを狙うクラブにはよりコントロール性を求めているからだ。番手別の飛距離を見てみても、ユーティリティからはきっちりと10ヤード刻みとなっている。
一方、3番ウッドは飛距離重視型といっていいだろう。ピンを狙うというより、距離のあるパー5のセカンドやティショットで使う役割を担っている。森田の飛距離からすると、200ヤード前後の距離があまり残らないのかもしれないが、3番ウッドとその下の3番ユーティリティの飛距離差が40ヤードも開いているのは、こうした役割をはっきりとさせている森田の戦略と言っていいだろう。

あわせて読みたい

ALBAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「森田遥」に関する記事

「森田遥」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「森田遥」の記事

次に読みたい「森田遥」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月6日のゴルフ記事

キーワード一覧

  1. 森田遥 中国

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。