ISPSが男子トーナメント2試合開催 エキシビションマッチにした理由とは?

ISPSが男子トーナメント2試合開催 エキシビションマッチにした理由とは?
拡大する(全1枚)
国内男子ツアーで10月に行われるエキシビショントーナメント2試合の記者発表が8日(木)に行われ、主催のISPS(国際スポーツ振興協会)の半田晴久会長、共催のJGTO(日本ゴルフツアー機構)の浦山豊競技部統括部長、選手代表として市原弘大の3人が出席した。
大山志保が高級なパンに興味津々【フォトギャラリー】
今回開催が決定したのは「ISPS HANDA コロナに喝!! チャリティー・チャレンジトーナメント」(10月14日~16日・ロックヒルゴルフクラブ レイクコース)と、「ISPS HANDA コロナに喝!! チャリティーレギュラートーナメント」(10月29日~31日・五浦庭園カントリークラブ)の2試合。ともにエキシビジョンマッチとして行われ、賞金の10%がチャリティ金として寄付、また予選落ちとなった選手にも一律6万円が賞金として支給される。また、両試合ともギャラリーを入れて開催される。
2試合の開催について半田会長は「以前マッチプレーを主催していた時にJGTOの対応に疑問を感じざるを得ないことがあり、スポンサーをお休みしていました。ですが、それについてオフィシャルな場で謝罪もいただきました。また、休むと決めたときにレギュラーツアーが10試合を割ったら、またスポンサーをすると約束していました。何よりもどんな形であれ、選手に戦う場と賞金を渡せる場を作りたいと考えました」と主催するに至った理由を説明。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

ALBAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「国内男子ツアー」に関する記事

「国内男子ツアー」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「国内男子ツアー」の記事

次に読みたい「国内男子ツアー」の記事をもっと見る

ゴルフニュースランキング

ゴルフランキングをもっと見る
お買いものリンク