初リンクスはバーディわずか1コ… 渋野日向子の海外遠征を振り返る【次週国内復帰戦】

初リンクスはバーディわずか1コ… 渋野日向子の海外遠征を振り返る【次週国内復帰戦】
       
来週の30日(金)に開幕する「樋口久子 三菱電機レディス」から国内女子ツアーに復帰する予定の渋野日向子。8月から2カ月間は海外女子メジャー2試合を含む6試合に出場するため、長い海外遠征に臨んだ。合計19ラウンドの場で渋野は何を得たのか。4カ月ぶりの国内大会を前に、スタッツと渋野自身のコメントで海外の経験を振り返ってみる。今回はスコットランド初戦について。
渋野日向子のドライバースイングを米国で撮影【連続写真】
遠征初戦となった「アバディーン・スタンダード・インベストメンツ・スコットランド女子オープン」は渋野にとって初の本格リンクスコース。昨年10月に出場した台湾以来の海外トーナメントは、悔しい予選落ちとなった。
練習ラウンドでは「見た目から難しい」と警戒感を口にし、「グリーンとグリーン周りが難しい。日本とは違うアプローチが必要になる」とグリーン周りの攻略に時間をかけて準備した。「私らしく笑顔で」と本戦に入ったが、初日からその目標は厳しいものへと変わった。
遠征初ラウンドは「79」。6ボギー・1ダブルボギーの8オーバーでバーディはゼロ。昨年の国内ツアーでバーディ率1位の渋野日向子だったが、まさかの結果に悔しさを見せた。この日の渋野はパー5で3オーバー。「一番情けないボギーのとり方」と話したように最初のパー5からつまずいた。
絶好の位置から3打目のアプローチに挑んだが、これがトップしてグリーンオーバー。そこからも寄せきれずにパーパットを外してボギー。7番のパー5でもセカンドがフェアウェイバンカーにつかまり出すだけ。続く4打目は長いラフからでフェースが思い切り返ってしまい今度は左ラフへ。ダブルボギーを喫してしまった。

あわせて読みたい

ALBAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月22日のゴルフ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。