石川遼、“新スタイル”ハマった 平均飛距離243ヤードでノーボギー「66」

石川遼、“新スタイル”ハマった 平均飛距離243ヤードでノーボギー「66」
       
<ZOZOチャンピオンシップ 2日目◇23日◇シャーウッドCC(カリフォルニア州)◇7073ヤード・パー72>
石川遼の試みが実を結びつつある。初日こそ「73」と出遅れたが、この日は6バーディ・ノーボギーの「66」をマーク。首位とは9打差ながら、トータル5アンダー・48位タイに浮上して週末を迎える。
何が変わった? 石川遼の最新スイング【連続写真】
「(シャーウッドCC)敷地面積が少し狭い。今週はアイアン。セカンドショット以降で組み立てる、そういうゴルフが求められる」と考察していた石川。その言葉通り、初日からむやみにドライバーを握らず、グリーンまでの距離を“逆算”して挑んだが、それがこの日は“ハマった”。
「(バーディを奪ったパー5)13、16番は1メートルくらいにつけられた。(ティショットを)ドライバーで打って(3打目が)70ヤードに入るのと、5番ウッドで100ヤードに入るのと考えたら、自分の中で70ヤードの距離感はすごく難しい。5番ウッドで(残り)110とか、4番アイアンで140とか、そういうことも視野に入れながらマネジメントをしています」
2日目のドライビングディスタンスは“243ヤード”と、石川にしてみれば控え目な数字だ。ただし、パーオン率は77.78%と高水準。ストロークスゲインドパッティング(パットの総合指標)も2.991と高い数値を記録した。徹底したマネジメントが功を奏した。
石川といえば攻撃的なゴルフでバーディを奪うプレーが身上だが、その半面、ボギーがかさむことも少なくなかった。「バーディとボギーは紙一重のところがある。自分の中でずっとそういうプレーをしてきた。(これまでは)その日ハマればいいスコアだけど、次の日どうなるかわからないという感じのゴルフだった。田中(剛)コーチと話し合いながら、徐々にですけど、自分のプレースタイル(が見えてきた)。リスクをとるときはとるんですけど、とる必要のないリスクはとらない」

あわせて読みたい

石川遼のプロフィールを見る
ALBAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「石川遼」に関する記事

「石川遼」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「石川遼」の記事

次に読みたい「石川遼」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月24日のゴルフ記事

キーワード一覧

  1. 石川遼 結婚

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。