タイガー・ウッズ、マスターズへの準備はどこで?

タイガー・ウッズ、マスターズへの準備はどこで?
       
大会連覇に臨んだ「ZOZOチャンピオンシップ」だったが、タイガー・ウッズは最終日も「74」とふるわず、結果はトータル1アンダー・72位タイ。優勝したパトリック・キャントレーはトータル23アンダーと、上位争いからもほど遠いものだった。
18年前と現在のタイガーのスイングを比較【連続写真】
今気になるのは、11月12日に開幕を控えた「マスターズ」への取り組みだ。昨年4月にメジャー15勝目を挙げた歴史的な復活劇から、もう19カ月近くも時間が過ぎ、はるか昔のことのようにも感じられる。
マスターズで勝利して以降のウッズは、昨年12月にオーストラリアで開催された「プレジデンツカップ」を含む16試合に出場。同年10月に日本で初開催されたZOZOチャンピオンシップで通算82勝目というツアー最多タイ記録の金字塔を打ち立てた。しかしトップ10は、昨年6月の「メモリアル・トーナメント」と、今年1月の「ファーマーズ・インシュランスオープン」の2度だけとなっている。
本来はこのZOZOチャンピオンシップが開催されたシャーウッドCCも、自身が主催する慈善大会で5度の勝利を挙げているから得意コースのはずだったが、まったくかみ合わなかった。
「パー5のプレーが最悪だった。このコースはそこで伸ばさないと話にならない。2打で届くのに、まったくうまくプレーできなかった。たぶん4日間でパー5はイーブンか、オーバーパーだと思う」とタイガーは言う。実際は3アンダーだったのだが、それほど本人はひどいプレーと感じていたようだ。そして「ティショットもアイアンもまったく安定しなかった。今週良かったのはグリーン上だけ。良いパットを決めたが、残念ながらそれはパーパットだった」と自嘲した。

あわせて読みたい

タイガー・ウッズのプロフィールを見る
ALBAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「上田桃子」のニュース

次に読みたい関連記事「上田桃子」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「アン・ソンジュ」のニュース

次に読みたい関連記事「アン・ソンジュ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「池田勇太」のニュース

次に読みたい関連記事「池田勇太」のニュースをもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月27日のゴルフ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。