“48インチなし”で400ヤード超え! デシャンボーはマスターズへ調整上々?

“48インチなし”で400ヤード超え! デシャンボーはマスターズへ調整上々?
       
トップランカーたちが「ZOZOチャンピオンシップ」に参戦。2週後に迫ったマスターズに向けて準備を進めている。9月に「全米オープン」を制したブライソン・デシャンボー(米国)は4週間も試合に出場せず、さらなる飛距離を求めてテキサス州ダラスの自宅で格闘中だった。
先週、そのデシャンボーは「初めてキャリーで400ヤードを超えた!」とインスタグラムのストーリーに投稿した。
その数字は…、キャリーで403.1ヤード、ボールスピードは時速211マイル(339キロ)、スピン量は1957、ボールの滞空時間は8.2秒を示していた。しかもこの数字、「48インチのシャフトを使用していない」というのだから驚きだ。つまり、48インチにするとさらに飛距離が伸びる…、ということになる。
ちなみにプロは通常は44~45インチを使用するが、飛距離合戦とも言える昨今はこの長尺はどうやらトレンド。
ZOZOチャンピオンシップでは、ディラン・フリッテリ(南アフリカ)が46インチのドライバーを使用。同じく47.5インチの長尺ドライバーを採用したフィル・ミケルソン(米国)は「今や選手たちはみな時速180マイルのボールスピード。ブライソンだけじゃなく、みな飛距離を伸ばしている」。このシャフトはもちろんオーガスタ向けのものだ。
だが、ZOZOチャンピオンシップでのミケルソンのティショットはけっして好調とは言えない数字。ティショットのストロークゲインはマイナス8でほぼ最下位、フェアウェイキープ率は59.62%だった。ただし、ミケルソンは355ヤードを打ったホールがあり、これは4日間通してのロンゲストドライブの2位だったから、やっぱり長尺は飛距離が伸ばせる。
果たしてデシャンボーが48インチを使ったら400ヤードは簡単に超えるのか…。オーガスタでのお披露目に注目。(文・武川玲子=米国在住)

あわせて読みたい

ALBAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「全英オープン」のニュース

次に読みたい関連記事「全英オープン」のニュースをもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月27日のゴルフ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。