予選落ち危機からの復活 鈴木愛の窮地を救ったキャディの言葉

予選落ち危機からの復活 鈴木愛の窮地を救ったキャディの言葉
       
<樋口久子 三菱電機レディス 2日目◇31日◇武蔵丘ゴルフコース(埼玉県)◇6585ヤード・パー72>
昨年覇者の鈴木愛が、切れかけた気持ちを立て直しなんとか予選通過を果たした。2番でグリーン左のバンカーから寄らずにボギーが先に来ると、4番パー3ではグリーン左奥にこぼし、アプローチミスからダブルボギー。トータル3オーバーまで落とし、予選カットラインがちらつく位置での折り返しとなった。
渋野日向子は日が暮れるまで居残り練習【大会ライブフォト】
嫌なムードのなかで迎えたバックナインのスタートとなった10番でも、フェアウェイからグリーン奥にこぼし、ここでもボギー。気持ちも萎えかけたが、続く11番で15メートル以上のバーディパットを沈めて息を吹き返すと、16番、18番のパー5でもバーディを奪い、トータル1オーバー・31位タイで予選突破を決めた。
「ショットはいいのにパットが入らない」状態が続いていた鈴木だったが、この日はショットが絶不調。「行ってはいけないところに吸い込まれた」。砲台グリーンで、さらには傾斜が強いグリーンに対して、寄せようがない場所にボールが集まってしまう。「キレかけてはいませんでした。キレていました(笑)」と振り返ったが、そんな気持ちを落ち着かせてくれたのがキャディのひと言だった。
「アイは去年のここのチャンピオンだから焦らなくていいよ。あと1ラウンドとハーフ以上残っているから巻き返せる。落ち着いて。ここからがスタートだよ」。4番のダブルボギー直後、キャディは鈴木の折れかけた心を救った。ジョークを交えながら鈴木の気持ちを和らげると、鈴木もこれには「落ち着きました」と、後半の粘りにつなげた。

あわせて読みたい

鈴木愛のプロフィールを見る
ALBAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「鈴木愛」に関する記事

「鈴木愛」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「鈴木愛」の記事

次に読みたい「鈴木愛」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月31日のゴルフ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。