香妻陣一朗の逆転イーグルを演出したのは、「やさしいのに操作性が高い」アイアンだった

香妻陣一朗の逆転イーグルを演出したのは、「やさしいのに操作性が高い」アイアンだった
       
「三井住友VISA太平洋マスターズ」の最終18番パー5。首位を1打差で追う香妻陣一朗が残り230ヤードのセカンドショットで握ったのは、ダンロップの新アイアン『ZX5』の5番だった。しっかりと振り抜いた打球は、ピンそば50センチにピタリ。イーグルを奪った。実質的にこれがビクトリーショットに。実はこの『ZX5』、「日本オープン」で優勝した稲森佑貴や、今年から用具契約フリーとなった片山晋呉のキャディバッグにも入っているのだ。
似てる?似てない?姉・香妻琴乃とのツーショット【写真】
香妻は6番~PWまでは、マッスルバックの『Z-フォージド』、4番と5番アイアンだけ『ZX5』を入れている。もともと4番と5番だけは旧モデルの『Z585』を使っていたが、8月にテストで『ZX5』の方が高く上がって止まりやすかったことから、9月の「フジサンケイクラシック」で投入。2カ月後の優勝につながった。
香妻自身はこのアイアンについて、「つかまりやすくて、スピン量が増えて、ボールが上がりやすい。飛距離は前とそれほど変わっていません。ボールが上がるので長い距離でもグリーンに止められます。先週の18番の2打目も2段グリーンの上の段にピンがありましたが、デッドに狙うことができました」と語る。
一方、ドライバー平均飛距離270ヤードと、ツアーでは飛ばない方だが、今季のフェアウェイキープ率では驚異の80%超えを記録している稲森佑貴。ダンロップの商品開発部の中村俊亮氏は、「飛距離が出ないのが稲森プロの弱点かもしれませんが、アイアンの飛距離は他の選手とあまり変わらないんです」という。

当時の記事を読む

ALBAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「稲森佑貴」に関する記事

「稲森佑貴」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「稲森佑貴」の記事

次に読みたい「稲森佑貴」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月19日のゴルフ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。