検索ワード急上昇! 『石坂友宏』はなぜアプローチとパターが上手いのか?

検索ワード急上昇! 『石坂友宏』はなぜアプローチとパターが上手いのか?
<ダンロップフェニックス 最終日◇22日◇フェニックスカントリークラブ(宮崎県)◇7027ヤード・パー71>
寄せなければ負けが決まる72ホール目のツマ先上がりのバンカー目玉からのアプローチ。大学生プロの石坂友宏はこれを見事に1メートルに寄せて、金谷拓実とのプレーオフに持ち込んだ。そしてプレーオフ4ホール目。入れなければ負けるというグリーン奥からアプローチでは、「チップインを狙って『入れる』という気持ちだった」とボールはカップに向かって転がっていったが、わずかにカップ右に抜けて勝負あり。負けても随所でショートゲームの上手さが光っていた。
解説の青木功も絶賛 石坂友宏の巧みなバンカーショット【大会フォト】
石坂は小学校5年生でゴルフを始めたときからアプローチが好きだった。自宅近くの練習場で多いときは500球を打ち込んだ。いまでも練習をするときは「アプローチだけで3、4時間やる」という。また、アプローチだけでなくパッティングの練習にも多くの時間を割く。最終組で迎えた3日目の朝も最終日の朝も、スタートの2時間前には練習グリーンに紐を張って、1メートルのパットを真剣に練習する石坂の姿があった。
決勝ラウンドでは「緊張はメチャクチャありました」という石坂だが、それで早くコースに着いたわけではないという。10月に行われた下部のAbemaTVツアー「石川遼 everyone PROJECT Challenge」の会場で、日本大学1年の杉浦悠太に教えてもらった練習を、それ以来ルーティンにしているのだ。

当時の記事を読む

青木功のプロフィールを見る
ALBAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「青木功」に関する記事

「青木功」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「青木功」の記事

次に読みたい「青木功」の記事をもっと見る

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月23日のゴルフ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。