DJのマスターズ勝利 ドライバーは47ではなく“いつもの”45.75インチだった

DJのマスターズ勝利 ドライバーは47ではなく“いつもの”45.75インチだった
       
秋開催の「マスターズ」を制したDJ(ダスティン・ジョンソン、米国)。初のグリーンジャケットに導いたドライバーは…、「いつものドライバー」でシャフトの長さは45.75インチだった。
松山英樹の1Wからアイアンまで スイング特集【動画】
「フェアウェイが軟らかい」、「ランが出ない」、「気温が低い」などから飛距離が大きな話題となった11月開催のマスターズ。ブライソン・デシャンボー(米国)が飛距離を稼ぐために48インチに挑戦すると公言すると、多くの選手が長いシャフトを思案した。DJもその一人で「47インチのドライバーを手にしていた」と米メディアのインタビューで告白した。
実際に火曜日、フィル・ミケルソン(米国)、ローリー・マキロイ(北アイルランド)、ザンダー・シャウフェレ(米国)との練習ラウンドではコース上でも使用。47インチドライバーはボールスピードが時速193マイルで約10ヤードも飛距離が伸びたという。
しかしながら、問題は「ほかのクラブでのスイングタイミングに影響する」ことが分かり、練習ラウンドの終盤には打つことがなくなったという。
「10ヤードの飛距離アップには非常に興味があった」とDJ。「でも今は変えるときではない」といつもの45.75インチのドライバーで本戦に臨み、勝利へとつなげた。
DJの今回のマスターズ4日間の平均飛距離は306.7ヤードで6位。1位は結局48インチを封印して臨んだデシャンボーの324.4ヤードで、大会は34位タイだった。

あわせて読みたい

松山英樹のプロフィールを見る
ALBAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「松山英樹」に関する記事

「松山英樹」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「松山英樹」の記事

次に読みたい「松山英樹」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月23日のゴルフ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。