小鯛竜也は10番で1日2バーディ プレーオフの暗闇パットは「同じラインだったので信じて打った」

小鯛竜也は10番で1日2バーディ プレーオフの暗闇パットは「同じラインだったので信じて打った」
       
<ニトリ エキシビションゴルフ 最終日◇26日◇成田ヒルズカントリークラブ(千葉県)◇7016ヤード・パー72>
スコアの伸ばし合いとなった最終日。大混戦を制したのはツアー1勝の小鯛竜也だった。先にトータル10アンダーでホールアウトしていた金谷拓実と並び、4時半に始まった薄暗いなかのプレーオフを制した。
金谷にとってはプロ初優勝を挙げた前週の「ダンロップフェニックス」に続くプレーオフ。小鯛は勢いに乗る大学生ルーキーに競り勝ち、「プレーオフで優勝できたのは初めてなのでうれしい」と喜びを語った。この日戦っていたのは金谷だけではない。日が沈みどんどんボールが見えなくなる。暗闇との戦いでもあった。
最終組の小鯛がホールアウトしたときに、ちょうど会場の千葉県は日没を迎えた。2人はすぐさまカートに乗って、プレーオフ1ホール目の18番(442ヤード・パー4)のティイングエリアに向かう。金谷が3番ウッドで右ラフ、小鯛がドライバーでフェアウェイに運ぶと、時間短縮のためにカートに乗ってセカンド地点へ移動した。
金谷はツマ先上がりのライからユーティリティを短く握って、グリーン左手前のバンカーに入れたのに対し、小鯛はピンの右6メートルのバーディチャンスにつけた。前週に続いて粘りを発揮した金谷は、池に向かって下っていく難しいバンカーショットを1メートルに寄せてパーセーブ。入れば優勝の小鯛のバーディパットはわずかにカップの左を通過して苦笑い。プレーオフは2ホール目に突入した。

あわせて読みたい

ALBAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月26日のゴルフ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。