単独2位発進・渋野日向子が取り戻した“強気” 「少しずつ自分らしいゴルフができている」

単独2位発進・渋野日向子が取り戻した“強気” 「少しずつ自分らしいゴルフができている」
       
<JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ 初日◇26日◇宮崎カントリークラブ(宮崎県)◇6543ヤード・パー72>
「強気でいかないとですね、そろそろ」。4アンダーの好スコアでクラブハウスに戻ってきた渋野日向子は、残る3日間への決意をこうにじませた。昨年優勝した「大王製紙エリエールレディス」以来、約1年ぶりの2位発進(その時は2位タイ)。今年の国内ツアーを締めくくるメジャー大会で、“強い渋野”が戻ってきた。
9月22日時点の世界ランク上位30位以内の資格で出場権を得た渋野は、2組目と早いスタート。4番パー4では2.5メートルのチャンスを沈め、幸先よくバーディを先行させた。そして最大の見せ場は9番パー5。残り234ヤードのセカンドショットを、3番ウッドでピン奥7メートルまで運ぶと、下りのスライスラインを見事に読み切りイーグルを奪った。
「フォローだったので、3番ウッドで打てば手前のエッジで跳ねると思った。(イーグルパットは)途中でかなり曲がるポイントがあったので、読みよりも外側に打ち出したら、しっかりそこで曲がってキレイに入ってくれました。完璧でしたね」
イメージ通りのショットと読み通りのパットを思い出し、満足気な表情を浮かべた。さらに13、15番でもバーディを加算。つい最近まで見せていた“もろさ”を感じさせないラウンドで、16番までボギーフリーラウンドを続けた。
17番パー4ではアプローチを寄せきれず、ついにボギーが来てしまったが、その時の心境はなぜか「安心した」というものだった。それは「今までの調子、これまでの初日のプレーを思い返すと、ボギーを打っていないのが不思議」という“違和感”を覚えていたからだ。

当時の記事を読む

ALBAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月26日のゴルフ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。