池田勇太、今季初優勝!苦しみながらも土壇場で勝負強さ発揮

池田勇太、今季初優勝!苦しみながらも土壇場で勝負強さ発揮
<サン・クロレラ クラシック 最終日◇31日◇小樽カントリー倶楽部(7,471ヤード・パー72)>
 国内男子ツアー「サン・クロレラ クラシック」。トータル14アンダーの単独首位からスタートした池田勇太が苦しみながらも逃げ切り今季初優勝。ツアー通算9勝目で来週からスタートする「WGC-ブリヂストン招待」、「全米プロゴルフ選手権」の米国2連戦へ弾みをつけた。
勇太“64”で首位浮上も「誰が勝つか知ってるのは神様だけ」
 3日目の“64”から一転この日は“72”のパープレー。数字からもこの日苦しんだのが見て取れる。「本当に運に見放されてると思った。バンカーに入れば目玉だったり、アゴが近かったり。ガマンしかないとキャディとも話していた」7番でバーディを奪ってからは、まさにガマンの展開。13番では3パットでボギー、続く14番ではセカンドがバンカーで目玉となりボギーを叩くと、15番で序盤のトリプルボギーから盛り返してきた平塚哲二に並ばれた。
 しかし、「今日は平塚さんはしつこいだろうと思っていた。キーは平塚哲二だと」覚悟を決めて最終日に挑んでいた池田にあせりはなかった。勝負どころの17番で5メートルを沈め一歩抜け出して最終ホールを迎えると、最終18番では先に打った平塚がカップをなめるスーパーショットで1メートルにつけたのに対し、「動揺とかはなかった。俺も打てば寄るだろって感じだった。冷静でしたね」185ヤードを6番アイアンでピン手前1.5メートルにピタリ。苦しんだ今大会でも抜群の勝負強さを発揮して優勝をもぎ取った。

あわせて読みたい

ALBAの記事をもっと見る 2011年7月31日のゴルフ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「池田勇太 + 結婚」のおすすめ記事

「池田勇太 + 結婚」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「森田理香子」のニュース

次に読みたい関連記事「森田理香子」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「横峯さくら」のニュース

次に読みたい関連記事「横峯さくら」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ゴルフニュースアクセスランキング

ゴルフランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。