逆転Vも「あると思う」 渋野日向子が「奇跡」の大会で2020年の集大成みせる

逆転Vも「あると思う」 渋野日向子が「奇跡」の大会で2020年の集大成みせる
       
<JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ 3日目◇28日◇宮崎カントリークラブ(宮崎県)◇6,543ヤード・パー72>
「悔しい部分はあるけど、よく耐えられたと思う」。トータル5アンダー・6位タイに後退した渋野日向子は、2バーディ・4ボギーと2つスコアを落とした1日をこう振り返った。
トップの原英莉花との2打差を追い、2位タイからスタートした1日は、前日までよりも強い風が吹き込む難しいコンディションとなった。そのなかでフェアウェイキープは14ホール中5ホール。ラフからのプレーを強いられることが多くなったことで、パーオン数も前日の15ホールから9ホールと減った。「ラフからでなかなかチャンスにつかず、流れに乗れなかった。パー5でバーディが獲れなかった(この日は『0』)のももったいなかったですね」。追撃態勢が整わないまま18ホールが終わってしまった。
そんななかでも、ドライバー、アイアンショットに関して「ミスヒットは少なかった」というのは明るい材料として考えている。風に流されラフにつかまるショットは多かったが、「しっかりつかまえられていたし、距離も出ていた」と、これが明日に尾をひくことはなさそうだ。
またボギーとなった8番パー3や、初日にはイーグルを奪いながらきょうはスコアを伸ばし損ねた9番パー5など、バンカーからのアプローチを寄せきれずにチャンスを逸する場面も目に付いた。ただ、これについても「アゴに近かった分、高さを出すことに意識を向けた。高い球では距離は出ない。ボギー、ダブルボギーを打たないためには、その選択しかなかった」と、決して“戦略外”のできごとではなかった。

当時の記事を読む

原英莉花のプロフィールを見る
ALBAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「原英莉花」に関する記事

「原英莉花」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「原英莉花」の記事

次に読みたい「原英莉花」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月28日のゴルフ記事

キーワード一覧

  1. 原英莉花 Instagram

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。