チャン・キム快走の横で「ボロ負け」 石川遼は耐える1日で5打差に後退

チャン・キム快走の横で「ボロ負け」 石川遼は耐える1日で5打差に後退
       
<ゴルフ日本シリーズJTカップ 2日目◇4日◇東京よみうりカントリークラブ(東京都)◇7023ヤード・パー70>
同組のチャン・キム(米国)がスコアボードを駆け上がっていく一方で、自身のプレーは「1日の勝負ならボロ負け」と振り返った。
アイアンショットを課題に挙げた初日に続き、なかなかチャンスにつかないホールが続く。数字で見ればパーオン率が77.87%の2位タイと上々に見えるが、ピンの逆サイドに乗ることが多く、「全部ミスショットと言っても過言ではない内容で、これだけの風。ロングパットが非常に多かった」と、しのいでしのいでの18ホールだった。
初日に2アンダーで回ったアウトの前半も、この日は7番から連続ボギーを叩くなど2オーバーで折り返し。8番パー3でも1オンに成功したものの、15メートルを3パット。パターでのリカバリーも思うようにいかず、苦しい展開が続いた。
その中でも再浮上できたのは、「とにかく普段よりもピンにいけない感じがしたので、それを無理に行くよりは、ロングパットに頼っていくのもひとつの選択肢。完璧は求めていないけど、ミスするならここ、という感じで、絶対に寄らないところには外さない」と、最低限のマネジメントを徹底。左サイドに崖、右にはフェアウェイバンカーがある10番パー4では、「(ティショットで)右のバンカーはOKにしていた。わざとじゃないですけど、バンカーから上の段に乗せてパー」。13番パー4でも、左バンカーを避けてピン右15メートルに2オン。ここでもロングパットが残ったが、2パットで沈めて13番までパーを重ねていった。

当時の記事を読む

石川遼のプロフィールを見る
ALBAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「石川遼」に関する記事

「石川遼」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「石川遼」の記事

次に読みたい「石川遼」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年12月4日のゴルフ記事

キーワード一覧

  1. 石川遼 結婚

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。