男子でも導入? 時松隆光が女子ツアー人気の理由と感じた“ある所作”

男子でも導入? 時松隆光が女子ツアー人気の理由と感じた“ある所作”
拡大する(全1枚)
16日、茨城県の取手国際ゴルフ倶楽部(東コース)で『コロナチャリティゴルフ2020 若手男女プロ対抗戦 Supported by「ONAIR+Golf」』が行われた。ここに14人の男女プロが参加。合計ストロークの少ないチームが勝利となる団体対抗戦は、女子プロチームが511対513で男子プロチームをくだして優勝した。
このイベントの発起人となったのは、男子プロの時松隆光。プロアマ大会を通じて縁ができた株式会社オンエア内で、女子のイベントをやりたいという話が持ち上がっていることを知ると、「ちょっとだけ男子も入れてもらえませんか?」とお願いし実現した。「この時期に、今後日本のゴルフ界を背負っていく選手に集まってもらうことができた」と、表情も晴れやかだ。
動画配信される大会を盛り上げようとプレーに励んだのはもちろんだが、男子ツアーの選手会長も務める時松は、この日の18ホールで女子ツアー人気の理由を体感することも大事な任務となった。その結果「とにかく華やか。男子ゴルフも見習うべき部分はしっかり見習っていかないといけない」ということを痛感したという。男子の人気回復に向け尽力している真っ只中とあって、同組で回った吉田優利、吉本ここねのプレーは、いい“教科書”になったようだ。
そして、なかでも「バーディを獲った時にカメラに向かって手を振ったりする。僕たちは必死でその余裕がないけど、ああいう姿を見せられるのはすごいし、楽しさをファンに伝えられる。しっかりとカメラに向かって頑張っていることをアピールするのは大事かもしれない」という点が特に印象に残った。

当時の記事を読む

ALBAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「時松隆光」に関する記事

「時松隆光」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「時松隆光」の記事

次に読みたい「時松隆光」の記事をもっと見る

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年12月17日のゴルフ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。