副田裕斗が5アンダーで優勝! 2打差の2位は塚田陽亮、小鯛竜也ら【ネクストプレーヤーズカップ】

副田裕斗が5アンダーで優勝! 2打差の2位は塚田陽亮、小鯛竜也ら【ネクストプレーヤーズカップ】
       
<ゴルフ日本シリーズJTカップpresentsネクストプレーヤーズカップ ◇17日◇グランフィールズカントリークラブ(静岡県)◇7108ヤード・パー71>
ツアープロ29人が出場したワンデートーナメント、「ゴルフ日本シリーズJTカップpresentsネクストプレーヤーズカップ」の18ホールの競技が終了。岐阜県出身の26歳、副田裕斗(そえだ・ゆうと)が5アンダーで優勝し、賞金300万円を獲得した。
副田はレギュラーツアーにフル参戦した経験はなく、下部のAbema TVツアーを主戦場としている。今季はレギュラーツアー3戦に出場し、賞金ランキング上位(60位)の資格で今大会の切符をつかみ取った。副田は優勝インタビューで「自分にとって今年最後の試合だったので優勝できて嬉しく思います」と語った。
ツアー通算6勝の近藤智弘はスタートから5連続バーディで飛び出したが、中盤にボギーとダブルボギーを叩いて失速。最終的には2アンダーで7位だった。また、塚田陽亮も15番ホールを終えて5アンダーまでスコアを伸ばしたが、16番と17番の連続ボギーが響いて3アンダー・2位タイに終わっている。
2位タイグループには塚田のほか、高柳直人、勝俣陵、小池一平、小鯛竜也の5人が並んだ。ベテラン勢では、宮本勝昌はイーブンで11位タイ、谷口徹は1オーバー・14位タイ、手嶋多一は3オーバー・19位タイだった。異色のスイッチヒッター、高橋慧は4オーバー・22位タイで上位フィニッシュとはならなかった。

当時の記事を読む

ALBAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年12月17日のゴルフ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。