新選手会長として過ごした未曾有の1年 時松隆光が「少しずつ日常が戻ってる」と感じた一コマ

新選手会長として過ごした未曾有の1年 時松隆光が「少しずつ日常が戻ってる」と感じた一コマ
拡大する(全1枚)
19日に茨城県のザ・ロイヤルゴルフクラブで、ミズノの契約プロ(ブランドアンバサダー)による公開クラブテストが行われた。来春同社が発売を予定する新作ドライバーの試打も行われ、参加したプロ達がさっそくその性能を確かめた。
新作クラブテストの様子を公開!みんな真剣に試し打ち
そのなかの1人に、今年2月に同社と総合契約を結んだ時松隆光もいた。現在『ST200X』を使用するが、この日試した新ドライバーにもいきなりの好感触。まだ製品の詳細は不明だが、「フェースに当たった後に、押し込んでいるという感覚がすごくある。データを見ると、キャリーも5ヤードほど伸びたし、飛んでいる。オフに調整して、開幕に向かいたい」と、“即戦力”として考えられる仕上がりのようだ。
時松にとって2020年は、クラブ以外でも大きな変化があった1年だった。石川遼の後を継ぎ、国内男子ツアーメンバーで構成されるジャパンゴルフツアー選手会の選手会長に就任。自分のプレーだけでなく、男子ゴルフ界にも気を配り、先頭でけん引する立場となった。「選手会理事自体も初めて選ばれたのに、さらに会長にまでなった。ジャンプアップがすごかった」と就任時の戸惑いぶりを振り返るが、しっかりと1年間をツアーのために奔走した。
就任初年度とあって、それでなくても「右も左も分からない状態」だったが、そのうえ今年はコロナ禍という未曾有(みぞう)のできごとが起きた。開幕時期から大会がバタバタと中止になる状況も味わった。そのなかで9月以降に5試合を行うことができ、主催者への感謝の気持ちは大きい。だが一方で「選手に活躍の場を提供できなかったのは申し訳ない」という思いも強くした。

当時の記事を読む

ALBAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「時松隆光」に関する記事

「時松隆光」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「時松隆光」の記事

次に読みたい「時松隆光」の記事をもっと見る

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年12月20日のゴルフ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。