賞金総額は史上最高! 来年の国内女子ツアー…何が変わる?

■賞金額&競技日数
今年のレギュラーツアー全体の賞金総額は41億4000万円となり、これは単年での史上最高額を更新した。そのなかでも大きく増額したのが、今年の開幕戦となった「アース・モンダミンカップ」だ。今年も2億4000万円とツアー最高額を誇ったが、さらに6000万円もアップ。男女通じて国内初の“3億円大会”として実施される。実に優勝賞金は5400万円。日本一の“ビッグトーナメント”が誕生した。
また「ニトリレディス」は2億円から1億円の減額となったが、そもそもことしは大会中止が続くなかで主催者の“厚意”として、当初予定額から1億円もの上乗せがされた。減額ではなく、例年通りの総額に戻った形となった。また新型コロナウイルスの感染拡大防止に絡む経費増額などにより今年は25%減額となった「日本女子オープン」も、1億5000万円に戻ることも発表された。
この他「住友生命 Vitality レディス 東海クラシック」(8000万円→1億円)、「富士フイルム・スタジオアリス女子オープン」(6000万円→1億円)とリニューアルされた大会がともに賞金総額アップ。4日間大会となった米国女子ツアーの主管大会「TOTOジャパンクラシック」も1億6000万円から2億1000万円に増やされた(金額は仮為替レート105円で計算したもの)。
この結果、賞金総額は20年シーズンで当初予定された39億3500万円から2億500万円増の41億4000万円となった。これは女子ツアーの過去最高額で、改めて“女子人気”をうかがわせる数字だ。

当時の記事を読む

ALBAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「国内女子ツアー」に関する記事

「国内女子ツアー」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「国内女子ツアー」の記事

次に読みたい「国内女子ツアー」の記事をもっと見る

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年12月24日のゴルフ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。