“砂上の女神” バンカーに入ってもめげないのは沖縄の黄金ガール【スタッツ振り返り】

“砂上の女神” バンカーに入ってもめげないのは沖縄の黄金ガール【スタッツ振り返り】
拡大する(全1枚)
2020年と21年が統合されて1シーズンとなったとはいえ、国内女子ツアーはいったん長いオフに入る。新型コロナの影響で6月開幕となり、今年行われたのは14試合。短い時間ではあったが、今年の女子ツアーを彩った選手たちを部門別数字で見てみよう! 今回は【サンドセーブ率】について。
ドレス姿はまさしく女神【写真】
グリーンサイドバンカーから2回かそれより少ない打数でカップインする率を示すサンドセーブ率。ショットでグリーンを外してもしっかりと寄せてパーをセーブするのはプロならでは。そして、今年の1位は1998年度生まれで黄金世代のひとり、新垣比菜に決定!
13試合に出場してガードバンカーにつかまったのは25回。うち17回でセーブに成功。過去2年は43位(19年)に68位(18年)。めざましい成長を遂げた新垣に“砂上の女神”を命名したい。
2位には、こちらも今年、バンカーが劇的にうまくなった勝みなみ。そして、元々バンカーには自信ありとしてきた柏原明日架。この3人だけがセーブ率60%を越えている。ちなみに規定ラウンドに達している中では勝がもっともガードバンカーにつかまっており48回。柏原が38回で続く。
【サンドセーブ率上位10人】
1位:新垣比菜 68.00%
2位:勝みなみ 62.50%
3位:柏原明日架 60.5263%
4位:大山志保 58.8235%
4位:ペ・ソンウ 58.8235%
6位:稲見萌寧 58.3333%
7位:安田彩乃 56.6667%
8位:森田遥 55.5556%
9位:大西葵 55.00%
9位:古江彩佳 55.00%
9位:ペ・ヒギョン 55.00%

■新垣比菜の2020年成績をおさらい
■新垣比菜、仲良しの吉本ひかるとの2ショット ドレス姿がまぶしい【特選写真館】
■国内女子ツアー 2021年日程一覧
■優勝賞金は5400万円! アース・モンダミンカップが国内初の3億円大会に
■“小さな巨人” 規格外ルーキーの古江彩香が20年の“寄せ名人!”【スタッツ振り返り】
編集部おすすめ

当時の記事を読む

ALBAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「国内女子ツアー」に関する記事

「国内女子ツアー」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「国内女子ツアー」の記事

次に読みたい「国内女子ツアー」の記事をもっと見る

ゴルフニュースランキング

ゴルフランキングをもっと見る
お買いものリンク