原英莉花の“イメージがガラリ”と変わった2つの勝利【記者が見た2020年名場面】

原英莉花の“イメージがガラリ”と変わった2つの勝利【記者が見た2020年名場面】
       
2020年もまもなく終わり。今年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で国内男子6試合、国内女子14試合となってしまった。21年まで続く異例のシーズン。短い時間ではあったが、今年も多くの名場面が生まれた。そこで印象に残ったシーンをALBA.Netの記者が勝手に選定。今回は原英莉花の“イメージを変えた”2つの勝利について。
今年の国内最終戦となった「JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」最終日の15番パー4。トップを快走していた原英莉花は、セカンドショットをやや砲台グリーンの奥、ピンまで20ヤードほどのラフに外すピンチに直面していた。しかし、この後のアプローチが実に“お見事”だった。「イメージ通り打てました」とピッチアンドランの軌道で転がると、カップから数十センチの位置にピタリと止まり、ガッツパーでここを切り抜けた。
直前の14番では17ヤードの短いアプローチを寄せきれずボギーを叩いており、2ホール連続で同じようなスコアロスはさすがに避けたいところ。この時、すでにホールアウトしていた2位の古江彩佳との差は3打あったが、まだ難易度1位を誇る18番も控えているという状況だった。どうしても守りきりたい場面での値千金の一打。このシーンを見て感嘆したことを覚えている。
4日間単独トップを守り、正真正銘の完全優勝を果たしたこの試合は、それまでの原のイメージを大きく変えるものだった。それは優勝会見で本人も「ショットが頼りにならず、今までの自分とは違うプレーでした。『誰がプレーしているんだろう?』と何回も思うくらいでした」と振り返ったほど。とにかくアプローチ、パターで手繰り寄せたガマンの勝利だったと感じた人も多かったのではないだろうか。

当時の記事を読む

原英莉花のプロフィールを見る
ALBAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「原英莉花」に関する記事

「原英莉花」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「原英莉花」の記事

次に読みたい「原英莉花」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年12月25日のゴルフ記事

キーワード一覧

  1. 原英莉花 Instagram

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。