新星・石坂友宏、ドライバーが曲がらない秘密は「左手リードでインから下ろす」

新星・石坂友宏、ドライバーが曲がらない秘密は「左手リードでインから下ろす」
拡大する(全1枚)
2020年の国内男子ツアー「ダンロップフェニックス」で、金谷拓実とのプレーオフの末に2位となり、一気に知名度を上げた21歳の石坂友宏。最終日のフェアウェイキープ率は78.57%という圧巻の数字で、その曲がらないドライバーショットは大きな注目を集めた。
石坂友宏は左手リードでスイングの“間”を作る【写真】
なぜこんなに曲がらないのか? 石坂はゴルフ誌ALBAの取材にこう答えている。「インから下ろすことで、シャフトのしなりを生かしてヘッドを走らせることができますから、安定して飛ばすことができるんです」。
石坂がスイングにおいて大切にしているのが「インから下ろす」動き。具体的に意識しているのは“体の回転でクラブを引っ張る”ことで、ヘッドスピードを最大限高めつつ、安定した軌道でボールを叩くことができる。では、一般ゴルファーが真似るには?
「切り返しから、常に左手をリードさせることで一瞬の間ができヘッドが遅れて下りてきます。このとき、親指、中指、薬指の3本でグリップを握ることで、しっかりヘッドを走らせつつ、余分なフェースの開閉を抑えてインパクトすることができます」
器用な右手ではなく左手を積極的に使うことで、タメができて、スイング軌道も安定する。結果、プレッシャーのかかる場面でも安定したショットが打てるのだろう。もしいま、カット打ちやあおり打ちに悩んでいるゴルファーは、石坂のように左手を使って「インから下ろす」動きを試してみてほしい。

■石坂友宏のプロフィール&成績
■金谷拓実の前に突如現れた“2時間前”の男、石坂友宏【記者が見た2020年名場面】
■片山晋呉もうならせる? 大型新人・石坂友宏の“静かな”弟子入り
■注目ルーキーが初参戦 アプローチ巧者・石坂友宏のセッティング【注目プロのWITB】
■検索ワード急上昇! 『石坂友宏』はなぜアプローチとパターが上手いのか?

当時の記事を読む

ALBAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「国内男子ツアー」に関する記事

「国内男子ツアー」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「国内男子ツアー」の記事

次に読みたい「国内男子ツアー」の記事をもっと見る

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年12月28日のゴルフ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。