豪快なショットだけじゃない! 佇まいはまるで“賞金女王”【ルーキーたちの中間通信簿・笹生優花】

豪快なショットだけじゃない! 佇まいはまるで“賞金女王”【ルーキーたちの中間通信簿・笹生優花】
拡大する(全1枚)
新型コロナウイルス感染拡大の影響により開幕戦から中止が相次ぎ、2020-21年の統合シーズンとなった国内女子ツアー。イレギュラーなスケジュールのなかで、歴代最高クラスと呼ばれた19年のプロテストを勝ち上がったルーキーたちの戦い方はどうだったのか。一区切りのついたこのタイミングで、中間通信簿として、19年まで同じ選手としてプレー、20年から解説者として彼女たちのプレーを見守ってきた大江香織が5段階で採点する。
今回はド派手なデビューを飾った笹生優花。トレーニングで磨かれた恵まれた体から繰り出されるローリー・マキロイ(北アイルランド)を参考にしたというスイングは圧倒的な飛距離を叩き出し、ツアー本格再開となった「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」、そして「ニトリレディス」と初優勝から連勝を飾った。その後は勝ち星には恵まれなかったものの、現在賞金ランキング1位。そして海外メジャー「全米女子オープン」に出場するなど、一躍ツアーの中心選手となった19歳をどう評価するのか。
成績・・・★★★★★
笹生さんの成績は…「すごい」しか出てこないですよね。いきなり世界で活躍できそうなルーキーが日本ツアーにも増えてきたなという気がしますが、笹生さんはその代表だと思います。韓国ツアーだと新人からいきなり活躍して、すぐにアメリカに行って活躍したりするじゃないですか。昔の日本ツアーは、そういうのがなかったと思うんですけど、最近はそういった傾向も出てきた。そういったことを感じさせてくれました。ケチをつけるところなんて一切ないですよね。こういう選手が出てきてくれてうれしいです。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

ALBAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「国内女子ツアー」に関する記事

「国内女子ツアー」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「国内女子ツアー」の記事

次に読みたい「国内女子ツアー」の記事をもっと見る

ゴルフニュースランキング

ゴルフランキングをもっと見る
お買いものリンク