世界3位のジャスティン・トーマスが謝罪 同性愛蔑視の不適切発言が発覚

世界3位のジャスティン・トーマスが謝罪 同性愛蔑視の不適切発言が発覚
<セントリー・トーナメント・オブ・チャンピオンズ 3日目◇9日◇プランテーションコース at カパルア(米ハワイ州)◇7596ヤード・パー73>
世界ランキング3位、前年大会覇者のジャスティン・トーマス(米国)が不適切発言をしたとして、ラウンド終了後にテレビを通じて謝罪した。
ジャスティン・トーマスのキレキレドライバースイング【連続写真】
トーマスは大会3日目に5つスコアを伸ばしてトータル17アンダー、首位と4打差の5位タイとし連覇に望みをつないだが、4番のパーパットをミスしボギーとした際に、同性愛者を蔑視する言葉を吐き捨て、その音声が中継に流れてしまった。
ラウンド終了後に自身の言葉が流れたことに対して問われたトーマスは、「言い訳のしようがない。僕は大人だし、あんなことを言う理由はない。ひどいことを言ってしまった。とても恥ずかしい」と謝罪の言葉を述べた。
スコアこそ悪くないものの、フラストレーションが溜まるプレーが続いていたトーマス。「気づいていなかった」としたが、思わず出てしまった言葉が波紋を呼んでいる。「言ってはいけないこと。誰かを責めるつもりはなかったし、反省している」とした。

■米国男子ツアー 2021年初戦 3日目の成績
■ジャスティン・トーマスの直近成績とプロフィール
■米ゴルフ界で不適切投稿 スコット・ピアシーが複数社から契約解除
■国内女子ツアーではこんな不適切発言もありました…
■契約フリーの片山晋呉はクラブに「100万は使った」 昨年買って良かったクラブとは?

当時の記事を読む

ALBAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年1月10日のゴルフ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。