初出場の木下稜介が驚いた米ツアーの“レベル”と、“2組同時”ティショット

初出場の木下稜介が驚いた米ツアーの“レベル”と、“2組同時”ティショット
<ソニー・オープン・イン・ハワイ 3日目◇16日◇ワイアラエCC(米ハワイ州)◇7044ヤード・パー70>
予選をカットラインギリギリで通過して、「あすは5アンダーを出したい」、「トップ10を目指したい」と言っていた木下稜介だったが、3日目は「69」とスコアは伸び悩み、トータル5アンダー・66位タイで最終日を迎えることとなった。
「ショットはけっこう積極的にいけたと思うんですけど、パターが入らないとやっぱりきびしいですね」と、本人が振り返る通り、スタートの10番で3メートルのチャンスを外すと、16番でも3メートル、17番では6メートル、18番では4.5メートルを決めきれず。前半は12番ホールのラフからのチップインバーディ1つだけで、残り8ホールはパーを並べた。
「初日、2日目はあんまり気になってなかったんですけど、ちょっと外れだしてからいろいろ気にし出すようになっちゃって。ラインの読みがきょうは全然だめでしたね」。後半のアウトコースに入っても流れは好転せず、5番では3オン・2パットのボギー。7番パー3でようやく5メートルのバーディパットが入ったが、結局この日のバーディは2つだけだった。
今週はずっと米ツアーのレベルの高さに驚くばかり。「すごいですね。きょうもビッグスコアばっかりですよね。やっぱりレベルがすごく高い。1アンダーじゃ全然あかん、ダメっていう気持ちです」。同じような時間帯で回っていたトップのブレンダン・スティールと2位のケビン・ナ(ともに米国)はどちらも「61」をマークして、それぞれ通算で18アンダー、16アンダーと大きくスコアを伸ばしている。

当時の記事を読む

ALBAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年1月17日のゴルフ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。