タイガー・ウッズが21年WGC初戦の出場資格を獲得

タイガー・ウッズが21年WGC初戦の出場資格を獲得
拡大する(全1枚)
2月15日付の世界ランキングで、48位に順位を下げたタイガー・ウッズ(米国)。しかし50位以内に留まったことで、今月25日に開幕する今年最初の世界選手権シリーズ「WGCアット・ザ・コンセッション」(米フロリダ州)の出場資格を獲得した。
ウッズは昨年12月に息子のチャーリー君と「PNC選手権」に出場。その後の12月23日に椎間板切除の手術を受け、現在リハビリを続けている。公式戦には38位で終えた11月の「マスターズ」以来参戦しておらず、復帰はまだ先になることが予想される。
今週18日に開幕する「ジェネシス招待」はウッズがホストを務める大会ながらも欠場。しかし会場のリビエラCC(カリフォルニア州ロサンゼルス郊外)への来場は予定されている。(武川玲子=米国在住)
編集部おすすめ

当時の記事を読む

ALBAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

ゴルフニュースランキング

ゴルフランキングをもっと見る
お買いものリンク