シードを失っても逆転の可能性あり!? JLPGAが外国人選手「入国制限」の保証を発表

シードを失っても逆転の可能性あり!? JLPGAが外国人選手「入国制限」の保証を発表
26日、日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)は、3月4日のツアー再開に先がけて、外国籍の選手に対する「新型コロナウイルス感染症に関する入国制限保証制度」を発表した。
昨年、日本国政府は新型コロナウイルス感染症の水際対策として「入国制限」を実施していた。そのため国内女子ツアーに出場資格をイ・ボミ申ジエ(ともに韓国)など多くの外国籍の選手たちが、6月の開幕後しばらくは入国及び出場することができなかった。
今回の入国制限保証制度の対象となるのは、昨年ツアーの口火をきった「アース・モンダミンカップ」(20年6月25~28日)、「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」(20年8月14~16日)、ステップ・アップ・ツアーの開幕戦「rashink×RE SYU RYU/RKBレディース」(20年8月18~19日)の3試合を、入国制限を理由に欠場せざるを得なかった選手たちだ。
当該選手の出場資格及び出場資格を喪失する時期に応じて、保証対象大会への出場資格の付与が開始される。つまり、統合された2020-21年シーズンでレギュラーツアーのシードを失ったとしても、22年シーズンの2試合に出場できることになる。その賞金は20-21年シーズンの年間獲得賞金額に加算され、賞金シードの50位以内に相当する額であった場合は、22年の国内女子ツアーの出場資格を得る。
また、それが51~55位までに相当する額なら22年の第1回目のリランキングまでの出場資格。56~70位までに相当する額に達し、21年のQTファイナルに出場してない場合は、そのQTランキングリストの最下位者の次順位の出場資格を得られることになる。
ステップ・アップ・ツアーの場合も、22年シーズンの1試合の賞金額が20-21年シーズンの賞金額に加算され、レギュラーツアーと同様の救済措置がとられる。
■入国制限保証制度が適用されるレギュラーツアーのシード選手
申ジエ、ペ・ソンウ、イ・ミニョン、黄アルム、アン・ソンジュ、イ・ボミ、ペ・ヒギョン、全美貞、ユン・チェヨン、キム・ハヌル

当時の記事を読む

ALBAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「国内女子ツアー」に関する記事

「国内女子ツアー」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「国内女子ツアー」の記事

次に読みたい「国内女子ツアー」の記事をもっと見る

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年2月26日のゴルフ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。