パー5完全攻略の裏に石川遼 “四刀流”のニュー渋野日向子で1年4カ月ぶりVへ好位置

パー5完全攻略の裏に石川遼 “四刀流”のニュー渋野日向子で1年4カ月ぶりVへ好位置
拡大する(全1枚)
<ダイキンオーキッドレディス 2日目◇5日◇琉球ゴルフ倶楽部(沖縄県)◇6561ヤード・パー72>

バックナインで一気にまくる。強い渋野日向子がいきなり21年初戦で炸裂した。「ダイキンオーキッドレディス」2日目に6バーディ・1ボギーの「67」とスコアを5つ伸ばし、首位と4打差の5位タイに浮上。優勝圏内で4日間の戦いを折り返した。
6つ奪ったバーディの内、4つがパー5のもの。しかも4番のフェアウェイバンカーから2mにつけたものを除けば、全てウェッジでピンに絡めてのものだった。

伸ばしどころでしっかり伸ばす。定石通りの攻め方だったが、実はパー5でのバーディの少なさは課題にしていた部分だった。「19年、20年とバーディ率が少なくてマネジメントの必要性を感じました」。4つのパー5で全てバーディを獲るのは19年の「TOTOジャパンクラシック」以来と久しぶりのこと。

そこでスタイルを大幅にスイッチしたという。以前は「パー5は届く以上、刻むという選択肢はありません」とまで豪語していたが、「マネジメントの必要性を感じた」と状況によっては3打目勝負に持ち込むことも視野に入れるようにしたのだ。

当然そうなってくれば必要となるのは3打目、すなわち100ヤード以内の精度。短い距離でピンに付けられなければ、2オン狙いよりもバーディを獲る確率は低くなる。そこで渋野が取り入れたのがウェッジ4本体制。

昨年まではPW、52度、58度の3本だったが、PWを抜いて46度、51度、54度、57度の4本に。それぞれの距離は46度が105ヤードで、そこから距離は10ヤード刻みとなっている。このセッティングにしたのは、このオフに何度か一緒に練習した

当時の記事を読む

石川遼のプロフィールを見る
ALBAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「石川遼」に関する記事

「石川遼」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「石川遼」の記事

次に読みたい「石川遼」の記事をもっと見る

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年3月5日のゴルフ記事

キーワード一覧

  1. 石川遼 結婚

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。